Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ Uncategorized A guide to Cloud App Acceptance in the Enterprise
May 18 2016

A guide to Cloud App Acceptance in the Enterprise

For some reason, the mere thought of the cloud in business can cause anxiety for the IT department. But working in the cloud should engender delight, not despair. Over the next few days, I’ll be posting a series of blogs to help you look at where you stand with cloud apps right now, and walk through the stages of acknowledging, appreciating and accepting the use of cloud apps within your workplace, examining the various stages of ‘app acceptance’ that many organizations grapple with:

  • Denial (what cloud apps, where?)
  • Anger (will you please stop uploading sensitive data!)
  • Depression (I’ll never manage all these apps, I can’t go on)
  • Acceptance (These cloud apps are actually great for business!)

Netskope did some research with IT decision makers across medium and large enterprises into the current state of cloud app use and I’ll be referencing the findings throughout the guide.  This will hopefully show you that – when it comes to app acceptance – you are by no means on your own. There’s something in here to help every company, regardless of your current stance towards cloud apps.

As such, each blog post concludes with a few practical steps that you can take in order to reach app acceptance nirvana.

So if everyone is sitting comfortably, we’ll begin…

Stage 1: Denial

The ‘ignore it and hope it goes away’ mentality isn’t something to be ashamed of, and actually was a very common response revealed in our research – 18% of IT decision makers within medium and large businesses said they knew for a fact employees did not use any cloud apps within the organisation. In addition, almost half of the respondents to our study (42%) believed employees used cloud apps, but they were all sanctioned by IT.

The reality is that cloud apps are being used within organizations today. The February 2016 Netskope Cloud Report revealed that within an average organization, there are more than 900 cloud apps in use, over 85% of which are not enterprise-ready and lack key functionalities such as security, audit and certification, service-level agreement, legal, privacy, financial viability and vulnerability remediation. We recently ran an audit with a large financial services company in Europe who genuinely believed they had zero cloud apps in use. The audit revealed more than 1,200!

So what are they doing?

Despite 13% of our survey respondents stating that cloud apps brought no benefits to the business, it seems the business thinks otherwise!

Among the top categories of cloud apps in use within the enterprise, including those not enterprise-ready, marketing had the highest total. While some marketing apps do not hold sensitive data, many do contain personally identifiable information about users, their web usage and their buying preferences. The table below shows the key business functions of apps within the enterprise and can make for surprising reading…

CategoryAverage # of apps per enterprisePercentage of apps not enterprise-ready
Marketing4996%
Collaboration3694%
Finance/Accounting2993%
HR2490%
Productivity2389%
Cloud Storage2074%
CRM and SFA1986%
Software Development1585%
IT/Application Management1889%
Social1487%

Cloud apps such as Salesforce are being used to crunch terabytes of data in order to analyze information to make better business decisions. Dropbox is used by employees regularly to save large presentations, take work home or send documents to a third party. HR apps are used for talent management, the review process, and payroll, and all this means a lot of sensitive data are being kept in the cloud. It’s the same with the Finance function; cloud apps are used to optimize payments, control the close process and manage subscription renewal.

Can you say, hand on heart, you know exactly what apps each department in your organization is using? With subscription services only a credit card number away, it’s very possible these apps are “Shadow IT” – being brought into the workplace by individuals.  

Employees may not even be aware that they are endangering corporate data. Just consider MyPCBackup, one of the most popular backup solutions for Android devices. Seemingly useful, this automatic backup app can actually be extremely dangerous when used by any employee with access to sensitive data. If staff access company files on a device with MyPCBackup, they may not even realize that a copy is automatically uploaded to the cloud, leaving that data stored outside of IT’s control in a location where no one even knows to look for it!