ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • セキュリティサービスエッジ製品

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護します。

  • Borderless SD-WAN

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへの安全で高性能なアクセスを自信を持って提供します。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
クイックアンサー:NetskopeによるInfiotの買収は、SD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのように影響しますか?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 9: Empowering People to Be Security Champions
In this episode, Mike and Alvina Antar, CIO at Okta, discuss identity-first security, automating business processes through AI and ML, and leading by example to achieve a more diverse industry.

ポッドキャストを再生する
Empowering People to Be Security Champions with Alvina Antar, CIO at Okta

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

New Adwind Campaign targets US Petroleum Industry

Oct 01 2019

A new campaign spreading the Adwind RAT has been seen in the wild, specifically targeting the petroleum industry in the US. The samples are relatively new and implement multi-layer obfuscation to try to evade detection. We found multiple RAT samples hosted on the serving domain and spread across multiple directories, all hosted within the last month. We have previously reported the use of this RAT targeting the retail and hospitality industry

The overall functionality of the RAT has remained the same as our previous post: It achieves persistence through registry modifications, performs process injection to stay under the radar, terminates security services (e.g., firewall, AV), and steals sensitive data. The major change is in the obfuscation technique, wherein multiple embedded JAR archives are used before unpacking the actual payload. Netskope Threat Protection detects the malware as ByteCode-JAVA.Trojan.Kryptik and Gen:Variant.Application.Agentus.1. This blog post provides an analysis of the new campaign and the new obfuscation techniques.

Responsible Disclosure

The URLs hosting the Adwind RAT were reported to Westnet on September 9th, 2019.

Analysis Details

We discovered the new campaign serving the Adwind RAT JAR payload from “members[.]westnet[.]com[.]au/~joeven/”. Westnet is an Australian ISP. The attacker is either a Westnet user or has compromised the account of one or more Westnet users. The same RAT is being hosted by multiple other Westnet users. Some of the recent uploads have multiple file extensions (*.png.jar.jar) to hide the actual file-type visibility from the target user. We have listed some of the current upload directories in the Indicators of compromise section. At the time of writing, the links were still active.

When the victim executes the payload, there are multiple levels of JAR extractions that occur. Figure 1 below summarizes the execution stages at a high level. 

Figure 1: Process execution stages involved in Adwind’s infection chain 

Step 1

The dropped JAR payload executes and creates the parent java process and copies itself into the %User% directory. Once the copy is created, the java thread performs the following three actions:

  • Executes the copy
  • Creates a registry entry in HKCU/CurrentVersion/Run to maintain persistence
  • Creates WMI scripts in %temp% and launches them. These scripts, shown in Figure 2, disable firewall and antivirus services.

Figure 2: WMI scripts created by the first stage JAR payload.

Step 2

The new JAR dropped in Step 1:

  • Performs AES decryption routine on an embedded object to construct the Step 3 JAR 
  • Writes the Step 3 JAR in the %temp% directory and executes it as a new java thread.

Figure 3 below shows the decompiled class files implementing the decryption routine on an object named “_”. 

Figure 3: Embedded object which decrypts to JAR file with the JRAT class

Step 3

The Step 3 JAR loads the JRAT class.

Step 4

This JRAT class is responsible for loading and linking the DLL which contains the major RAT functionality. It then tries connecting to its command and control server at 185[.]205[.]210[.]48. The JRAT class contains multiple levels of obfuscations within itself in order to hide its features and functionality. 

When we last blogged about it, the RAT was cross-platform and supported Windows, Linux, and Mac. Figure 4 below shows the OS check implemented by JRAT, indicating that the cross-platform support hasn’t changed. 

Figure 4: JRAT class checking for OS environment

The core functionalities of the RAT is shown in Figure 4 below. Some of the highlight features include:

  • Capturing webcam images
  • Scanning the hard-drive for files based on extensions defined in RAT’s config.
  • Spinning up multiple process threads and performing injection into known legitimate windows processes. 
  • Monitoring system status.
  • Encrypting and exfiltrating the data to its command and control server.

Figure 5: Netskope Advanced Heuristic dashboard listing key features of the RAT.

Conclusion

The Adwind RAT is a well-known malware family that has actively been used in multiple campaigns over the last couple of years. The samples we analyzed showed that the VirusTotal detection ratio for the top-level JAR was 5/56 while that of the final decrypted JAR was 49/58. These detection ratios indicate that attackers have largely been successful in developing new, innovative obfuscation techniques to evade detection.

Indicators Of Compromise

IOCTypeDescription
3bdfd33017806b85949b6faa7d4b98e4HashWMI script created by Malware
a32c109297ed1ca155598cd295c26611HashWMI script created by Malware
a9175094b275a0aaed30604f7dceeb14HashFirst level JAR payload
781fb531354d6f291f1ccab48da6d39fHashDecrypted JAR file
0b7b52302c8c5df59d960dd97e3abdafHashDLL file created by the JAR
185.205.210.48IPCommand and Control IP
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~philchief/URLPages serving the malicious JAR payload
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~lionsnortham/URLPages serving the malicious JAR payload
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~mcleodart/URLPages serving the malicious JAR payload
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~jbush/URLPages serving the malicious JAR payload
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~joeven/URLPages serving the malicious JAR payload
huup://members[.]westnet[.]com[.]au/~howrahnursery_nbn/URLPages serving the malicious JAR payload