ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Not Laughing: Malicious Office Documents using LoLBins

Jun 29 2021

Co-authored by Ghanashyam Satpathy and Jenko Hwong

Summary

Attackers have long used phishing emails with malicious Microsoft Office documents, often hosted in popular cloud apps like Box and Amazon S3 to increase the chances of a successful lure. The techniques being used with Office documents are continuing to evolve.

In August – September of 2020, we analyzed samples that used advanced techniques like:

  1. Constructing a PowerShell script at runtime. 
  2. Constructing WMI namespaces at runtime. 
  3. Using VBA logic obfuscation to evade static and signature-based detections.

In January 2021, we examined samples that use obfuscation and embedded XSL scripts to download payloads.

In this blog post, we will examine a new set of malicious Office documents using additional techniques to evade signature-based threat detection, including:

  1. Embedded base64 payloads 
  2. Code injection

This is the first time we have seen attackers using Office documents that use both VBA and LoLbins (certutil.exe and mavinject.exe). This blog post provides a default teardown of how these techniques are being used by the Lazarus Group. 

Analysis

In this blog post, we examine a malicious Microsoft Word document linked to the Lazarus Group:

MD5

648dea285e282467c78ac184ad98fd77

SHA-1

5c194ec7cfe33dd738fca71adf960c85e6ed7646

SHA-256

8e1746829851d28c555c143ce62283bc011bbd2acfa60909566339118c9c5c97 

The techniques used in the sample include:

  • Embedded payload in base64
  • Decoding the base64 payload using certutil.exe
  • Using mavinject.exe for code injection

Mavinject.ext and certutil.exe are Windows LoLbins (living off the land binaries), used by this sample to connect to the C&C servers and download next stage payloads.

Embedded base64 payload

The sample is a Word document (screenshot below) that prompts the user to click the “Enable Content” button. The macro code has an auto-trigger routine to execute as soon as “Enable Content” is clicked.

Screenshot of sample Word doc

The initial payload is stored inside the VBA code as a base64 encoded string. The base64 string is saved into a file on the local disk and later decoded back into a PE file. For decoding it uses certutil.exe, a Windows utility installed as part of Certificate Services that is used to configure Certificate Services, backup and restore CA components, and verify certificates and key pairs. The VBA code references certutil.exe using a wildcard string (certut*) inside the VBA code. The use of a wildcard is to evade simple pattern match on certutil.exe. The VBA script invokes certutil.exe with the -decode command line option to decode the base64 encoded data. 

The following screenshot shows the VBA project. The base64 string can be seen inside the VBA code. The VBA Function WLQGQifZzoSMZHc is invoked inside Document_Open():

Screenshot showing the VBA project with the base64 string in the VBA code.

The sample writes the base64 content into a file at location C:\Drivers and names it: DriverGFC.tmp. It then copies certutil.exe from system location to c:\Drivers location and renames it as DriverUpdateRx.exe. It refers to certutil using a wildcard as certut*.exe while copying it from the system location. This is done to evade signatures that key off of the string “certutil.” The original payload is renamed to DriverCLHD.tmp. The command executed at runtime is shown below:

"C:\Windows\System32\cmd.exe" /c copy /b C:\Windows\system32\certut*.exe c:\Drivers\DriverUpdateRx.exe

"C:\Windows\System32\cmd.exe" /c copy /b c:\Drivers\DriverGFC.tmp+c:\Drivers\DriverGFXCoin.tmp c:\Drivers\DriverCLHD.tmp & del c:\Drivers\DriverGFC.tmp & del c:\Drivers\DriverGFXCoin.tmp

It decodes the file content using certutil (now copied to  DriverUpdateRx.exe) with the -decode option. 

This creates the output file DriverGFY.db. After decoding, the sample deletes the DriverUpdateRx.exe from C:\Drivers location and creates another copy of DriverGFY.db as DriverGFY.db.dll. The technique the attacker is using here is Deobfuscate/Decode Files or Information from the Mitre ATT&CK Framework.

The command executed at runtime is shown below:

"C:\Windows\System32\cmd.exe" /c c:\Drivers\DriverUpdateRx.exe -decode c:\Drivers\DriverCLHD.tmp c:\Drivers\DriverGFY.db & del c:\Drivers\DriverCLHD.tmp & del c:\Drivers\DriverUpdateRx.exe

"C:\Windows\System32\cmd.exe" /c copy /b c:\Drivers\DriverGFY.db c:\Drivers\DriverGFY.db.dll

Using the WMI utility, it gets the handle to the running instance of Explorer.exe. Following is the VBA code snippet:

Set vQSppIeZ = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2")
Set HfXHePNP = vQSppIeZ.ExecQuery("Select * from Win32_Process where name='explorer.exe'")

Using mavinject.exe (Microsoft Application Virtualization Injector), it does code injection into explorer.exe with its payload DriverGFY.db. The technique the attacker is using here is Process Injection in the Mitre ATT&CK Framework.

The command executed at runtime for doing code injection is shown below:

"C:\Windows\System32\cmd.exe" /c mavinject.exe 568 /injectrunning c:\Drivers\DriverGFY.db

The following is a screenshot of the HexEdit view of the payload after it has been decoded using certutil.exe:

Screenshot of the HexEdit view of the payload after it has been decoded using certutil.exe

The SysMon capture of Process Injection into Explorer.exe is:

Screenshot of the SysMon capture of Process Injection into Explorer.exe.

The screenshot of payload code shows a reference to download the next stage payload. The Exported function InitUpdate downloads from allgraphicart[.]com.

Screenshot of payload code showing a reference to download the next stage payload.

Netskope Detection

At Netskope, we apply a hybrid approach to malicious Office document detection that leverages a combination of heuristics and supervised machine learning to identify malicious code embedded in documents. Netskope Advanced Threat Protection provides proactive coverage against zero-day samples including APT and other malicious Office documents using both our ML and heuristic-based static analysis engines, as well as our cloud sandbox. The following screenshot shows the detection for 648DEA285E282467C78AC184AD98FD77, indicating it was detected by both Netskope AV and the Netskope Advanced Heuristic Engine. The indicators section shows the reasons it was detected as malicious: the sample auto executes the macro code described in this blog post, writes files to the system, and executes system APIs.

Conclusion

In addition to the techniques covered in our previous blog posts, the sample we analyzed in this post uses two additional techniques that leverage LoLBins:

  1. Using certutil.exe to decode an enclosed base64 payload to PE file. 
  2. Using mavinject.exe to inject the payload into explorer.exe.

Netskope Advanced Threat Protection includes a custom Microsoft Office file analyzer and a sandbox to detect campaigns like APT that are in active development and are using new Office documents to spread. We will continue to provide updates on this threat as it evolves.

IOCs

Sample 1: 648DEA285E282467C78AC184AD98FD77 

Dropped executable file 

C:\Drivers\DriverGFY.db

DNS requests

domain allgraphicart[.]com

Connections  

ip 155.138.135[.]1

ip 184.24.77[.]69


Thank you to Zhi Xu and Benjamin Chang for helping analyze the sample files and contributing to this blog. 

author image
Ghanashyam Satpathy
Ghanashyam Satpathy is a Principal Researcher with the Netskope Efficacy team, which drives the detection effectiveness. His background is building threat detection products using AI/ML technology for cloud and endpoint security.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog