ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Pardot CRM Attack

Aug 08 2019

On 5 August 2019, Netskope Threat Research Labs discovered an attack campaign propagated through Pardot, a cloud-based Customer Relationship Management (CRM) by Salesforce. The attack kill chain begins with the delivery of a zip file, containing a lnk file that downloads the next stage of the attack, a Trickbot payload from Google docs. 

This attack is noteworthy for the following reasons

  • Malicious files residing inside cloud CRM services are typically viewed as internal files
  • Users of cloud CRM platforms have a high level of trust in the software because they view the data and associated “links” as internal (even though they are in the cloud)

In this blog, we will provide an analysis of the attack kill chain and how these types of attacks can be prevented with threat protection policies that offer app-level granularity.

Netskope Detection

Netskope Advanced Threat Protection detects the malware associated with these attacks as Gen.Malware.Detect.By.TI.

Disclosure

Netskope reported the associated Pardot sites hosting malware to the Salesforce security team on 5 August 2019. Additionally, the google docs hosting malware was reported to Google on 6 August 2019.

CRM as an attack vector

A large number of enterprises provide their vendors and partners access to their CRM for uploading documents such as invoices, purchase orders, etc. (and often these happen as automated workflows). The enterprise has no control over the vendor or partner device and, more importantly, over the files being uploaded from them. In many cases, vendor- or partner-uploaded files carry with them a high level of implicit trust.

This is a critical compromise, since some of the users may be operating on a device that they view as relatively hardened against malware. This makes them less likely to scrutinize the attachment. That said, other users involved in the customer relationship process may be accessing the CRM from a compromised endpoint. As per our analysis, and to the best of our knowledge, we have discovered the first attack of this nature from Pardot CRM.  This means that users are also likely to be less suspicious of this particular app because they are unaware that it could be compromised.

Attack Kill chain

The attack begins with the ZIP archive containing a lnk file downloaded from Pardot storage. On execution, the lnk file downloads the next stage executable payload masqueraded as PDF file from Google docs. The depiction of the attack kill chain is shown in Figure 1.

Figure 1: Attack kill chain 

Technical Analysis

The malware we first identified was a zip file delivered via pardot link, https://storage.pardot[.]com/120642/87655/Readme_Print.zip. The ZIP file contained a lnk file, Readme_Print.doc.lnk with an argument to load a script file in the %temp% with an argument as shown in Figure 2 .

Figure 2: Command line argument used by the link file

The malware authors used a clever tactic in appending the malicious code after the argument function to evade traditional security scanners. On a similar note, this tactic even evades the tools like lnk-parser, which normally doesn’t display this data.

The obfuscated script is present after the NetBIOS name field in the lnk file as shown in Figure 3.

Figure 3: Obfuscated VBcode in the lnk file

The script used character obfuscation to mask the code. The deobfuscated script can be easily obtained by changing the “execute” into “wscript.echo”. An excerpt of the obfuscated script is shown in Figure 4.

Figure 4: Deobfuscated VBcode

As mentioned in the above image, this script downloads the next stage payload from Google docs. A masqueraded executable (PE) file named “3829_93_93.pdf” is downloaded to the %temp% location from Google docs and renamed to NaFhI.exe and detonated. 

The second stage payload is a Visual basic executable belonging to the malware family named Trickbot, that performs code injection and contains many infostealer modules that steal banking related data. This malware family has also been reported in a Salesforce Knowledge base article.

The events captured by our Netskope Advanced Heuristic analysis engine, Netskope AI powered by Cylance and Netskope Cloud Sandbox is shown in Figure 5, Figure 6 and Figure 7.

Figure 5: Events from Netskope Advanced Heuristics

Figure 6: Events from Netskope AI

Figure 7: Events from Netskope Cloud Sandbox

The behavioral execution flow captured by the Netskope Cloud Sandbox is shown in Figure 8.

Figure 8: Execution flow in Netskope Cloud Sandbox.

The malware also posts data to the C2 172.238.117[.]187 as shown in Figure 9.

Figure 9: C2 connection to 172.238.117.187

VirusTotal records show similar post request URLs reported from this IP from late June 2019.

Attack campaign Threat Intel

Based on the attack pattern, passive DNS results and our own threat intelligence framework, we identified 12 similar URLs delivering malware from Pardot Storage. Additionally, we identified 16 lnk files attributed to the NetBIOS name “win-jbf0q9el659”. Based on the timeline and events, we expect the threat actors will continue to scale these attacks across potential targets.

Conclusion

This post details the discovery of a malware hosted and propagated through Pardot CRM. Cloud CRM services store an organization’s most critical customer data, and deliver those data to corporate users via the web. Malicious files residing in popular cloud CRM services can be shared/collaborated on within an organization’s cloud CRM service to make their way into cloud CRM services, thereby creating a new malware attack and propagation vector. 

While Netskope Threat Research Labs has reached out to SalesForce to take down the attack elements, we will continue to monitor the delivery mechanism and developments of this campaign. 

Indicators of Compromise

Hashes → ZIP files

7df177b164c352ceccdab988a7ee255d

12f6fd9f27681bf86e99cce8160b33bf

b2e936d3b529486ccb27382bd0c8d174

3b682290a0a9c09a213c11d1e83f87c3

34bbe2d74ae0c941f796c4f4243c465d

2c13e04f08d5f0042645420babd7b721

126d011a71acb1206d545df7ecbb4de3

9eecbb8c232ac55e663b20ddc86ef83d

466828341e2fe5358c145827618157ae

3593c4ce813c5faf1b5cdd4cd1f781e8

1153b0f48b78da341f0dbd85a7b15d71

Hashes → lnk files

95d70dee15417cc1872eb813fc23c3a1

ee4e5b2df114a4f76238a0a8b012f46c

c17cd9e49cecd49cf957bc9eb5f851c8

12544f796e57cbddbda1dcb8993ee914

9f306aca85874e9202a2c50d21876065

eec8649922819af1fab6000ea8dee1ed

4a1e42387c11beee2f6ed714e1cc0d28

795d6f1601eca20f31ae83b602ee328e

9bae6843b4d82444f80727fecec59c09

35d7a9f5549bf968b02b1971b57801a5

acfb9f89c421d4b52dd9a8ef86967cd2

Hashes →  Second stage Downloader

f4c2cb6270631260d5b8d9ff00fbfddf

4abb6f6cbd18258b9ef05083c2a817ca

7df9534d3c477feda474bf3de036d4d9

c444894cc5d28eaf1daad16d5d8832fa

author image
Ashwin Vamshi
Ashwin Vamshi is a Security Researcher with innate interest in targeted attacks and malwares using cloud services. He is primarily focusing in identifying new attack vectors and malwares, campaigns and threat actors using ‘cloud as an attack vector.’

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog