ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Solve Hybrid Work Challenges with ZTNA Anywhere

Sep 09 2022

Organizations implementing zero trust network access (ZTNA) are reaping the benefits of empowering remote employees to access resources everywhere using any device, allowing them to stay productive no matter where they work. At the same time, these organizations are boosting their security posture by applying zero trust principles to protect their environments.  

Organizations with a hybrid work strategy are bringing some workers back to the office, at least part of the time. According to Gartner, “by 2026, 75% of workers will continue to split time between home and traditional office locations.”* It is time to re-evaluate employee access at a broader scope.  

In the legacy on-premises world, access was governed by IP addresses. When employees were physically connected on the corporate network, access controls were accomplished with VLAN, WLAN, ports, switches, and firewall rules. Some implemented network admission control (NAC) as a way to limit or block unmanaged devices from communicating with anything on the local network. 

Legacy remote access VPN simply extends the concept by virtually placing the employees’ devices onto the corporate network. Because VPN sessions supply remote devices with IP addresses in the local network, the above controls apply here, too. But whether devices are local or remote, IP-based access control lacks the granularity many companies increasingly expect. Broad network access presents a potentially large attack surface.   

When the pandemic first hit, organizations quickly realized that remote access VPNs couldn’t easily scale to accommodate the remote access needs of entire workforces that were going remote. Worse, as a public-facing service, VPN concentrators suffered attacks ranging from exploits, DDoS, and intrusion. As a result, organizations started to use cloud-based ZTNA to augment remote access VPN. As they gained familiarity with the tool, they realized improved scalability, flexibility, and security benefits, and began to replace remote access VPNs with ZTNA. Often, ZTNA projects can be the first implementation of an overall zero trust strategy.

Challenges of the hybrid work era

Now, fast forward to the modern hybrid work era, when employees are splitting time between home office (branch of one) and campus locations.

Infrastructure and security teams are discovering that it is not optimal to pay for and manage two sets of access control mechanisms, usually some combination ofZTNA for remote, and various network-based types for local. Multiple sets of policies with dissimilar formats make it challenging, if not impossible, to ensure a consistent enforcement and access experience. Additionally, a multitude of hardware appliances generating reams of logs and reports impedes visibility, making incident investigation difficult.

The security concern of too much access

The bigger worry is that on-premises users now potentially have too much access when they are on site.  This poses a significant security concern, especially with coarsely segmented networks.  

Our customers began asking, “What if we ditch the traditional network access methods, skip complex network segmentation projects, and leapfrog to ZTNA?” Sending all traffic to the ZTNA solution, even local traffic, confers several advantages. There is only one service to maintain, with uniform policy enforcement, consistent user experience, and the security benefit of application-specific access, eliminating unauthorized lateral movement.

Reverse hairpinning

Sending all of your users’ private application traffic through  ZTNA is great if your branch offices are “cafe-style” locations with only internet connectivity. However, what about workers at the headquarters, or major campus locations, where you already have local connectivity to the private data centers, or even direct link to the cloud service providers. Users on campus enjoy significant performance benefits that would be hard to ignore.  

We already know that harpinning remote users’ traffic through the data center and then back out to the internet for SaaS and web access is a bad idea. In the same way, reverse hairpinning local users’ traffic through the ZTNA provider’s nearest POP and then back the the campus-adjacent data centers is also cumbersome.  

Fortunately, there is a better solution.

Introducing ZTNA Anywhere

We are pleased to introduce ZTNA Anywhere with Netskope Private Access. With new campus ZTNA capabilities, customers may deploy Netskope Private Access (NPA) local brokers in their data centers or campus locations. As an integral component of NPA, the local brokers are connected to the Netskope Security Cloud for centralized management, policy enforcement, and reporting. The goal is to keep local traffic local, while enjoying the same flexibility and security benefits a ZTNA solution provides.  

As users move between the campus and other remote locations, NPA automatically steers the users’ traffic through the most optimum route.  

Benefits of ZTNA Anywhere include: 

  1. Consistent and superior user experience
  2. Uniform policy enforcement 
  3. Strong security control with enhanced visibility
  4. Simplified operation with consolidated solution that is easy to deploy, manage and maintain

Legacy access methods and subsequent access control were IP-based. Think about the evolution of telephones, which used to be a “location-based” connectivity technology with fixed phone numbers. If you look at your contacts, there are still fields for home phone numbers, and office numbers.Now, all of these devices have converged into just one smartphone, and the rise of internet-based messaging and communication apps has almost rendered the need for multiple different phone numbers superfluous. ZTNA Anywhere marks a similar evolution from legacy access methods. With ZTNA Anywhere, old, location-based connectivity is a thing of the past.   

Conclusion

Hybrid work has converged IT requirements and zero trust strategies to empower successful digital transformation. Now, Netskope marks the next step in ZTNA Anywhere, which delivers the performance, scalability, availability, and resilience that infrastructure teams demand, as well as the visibility, data protection and risk reduction that are priority for the security team.  

Learn more about how Netskope can help you realize a superior hybrid work experience.

*Gartner, Top Network Practices to Support Hybrid Work, April 2022 Karen Brown, Andrew Lerner, Mike Toussaint

author image
Tsailing Merrem
Tsailing Merrem is the Director of Product Marketing for Netskope. Tsailing is responsible for evangelizing Zero Trust Network Access (ZTNA) technology, and with more than ten years of experience in the security industry, she has marketed for a portfolio of security solutions including EDR, XDR, web, and cloud security. Passionate about helping businesses improve their security maturity, Tsailing has advocated for integrated, automated, and effective cyber security platforms throughout her career.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog