ゼロトラストの未来とSASEの現在今すぐ登録

閉める
閉める
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ビスケットではなくクッキー
司会のエミリー・ウェアマスが、専門家のデビッド・フェアマン氏とゾハール・ホッド氏と対談し、インターネットクッキーの過去、現在、未来について語ります。

ポッドキャストを再生する
ポッドキャスト:ビスケットではなくクッキー
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

Strategies for Gathering and Contextualizing Cyber Threat Intelligence

Sep 28 2022

In my previous blog, I covered the many different types of cyber threat intelligence and why gathering CTI is beneficial to security teams. In this post, I will dig into the cyber threat intelligence lifecycle framework and a model to help correlate and contextualize your findings.

Cyber threat intelligence lifecycle

Performing cyber threat intelligence gathering should be approached with a method in mind. This is where the CTI lifecycle can help provide a framework for how to accomplish CTI. Similar to the scientific method, CTI can be broken into six phases, each with a specific goal to enhance either the CTI process or the information gathered while performing CTI. 

  1. Planning – Set requirements, goals, and methods for intelligence gathering to answer a specific question. 
  2. Collection – The process of gathering information from sources.
  3. Processing – Organizing information gathered in the Collection phase.
  4. Analysis – Examining information to place relevance, priority, and potential actional items 
  5. Dissemination – Delivering information to the teams that can best utilize it.
  6. Feedback – Asking did the information gathered answer the question, help or enhance a team’s objective? What information does the team still need? 

Here at Netskope one of the many ways teams utilize the CTI lifecycle, and multiple other intelligence gathering tools, is to feed data into the Netskope Cloud Threat Exchange platform, providing up-to-date threat intelligence, including IoCs. This way Netskope and Netskope customers can detect, alert, and block the latest threats. To start the process, the analyst plans to ingest accurate and relevant IoCs that are found in the wild. Collection then occurs with tools curating intelligence and the analyst building automation to go to the next stage of processing. Processing provides context through other threat intelligence gathered, such as threat actors and TPPs, along with the IoCs. In the Analysis phase, IoCs are enriched and then, depending on relevance, formatted to share with different teams. Dissemination is where these IoCs are then shared through intel channels built between teams in the format that works best for their objective. With Feedback regular team meetings ensure any gaps within the intelligence shared are discovered and a plan is formulated to fill these gaps.

Diamond model

While it is important to have a process to methodize intelligence gathering, it is just as important to have a model that helps correlate and contextualize that information gathered. One such model that can help consumers of threat intelligence is the diamond model (pictured below).

One important aspect of the diamond model for threat intelligence is that it allows analysts to easily pivot from one piece of intelligence to another, which helps either fulfill the full picture while gathering, or show blindspots in intelligence. The main focus of the model is to track adversaries, capabilities, infrastructure, and victims over time. This activity is shown through the use of an activity thread which correlates trends of attackers, TPPs, and infrastructure across attacks against multiple different victims. The activity thread is helpful in building out potential future paths threat actors could take, which allows defenders and responders to take a proactive approach to security and not reactive.  

Another key aspect of the diamond model is the ability to form activity groups and activity-attack graphs. Activity groups are groupings of common identifying behavior such as particular APT activity or a common attack pathway used by threat actors signaling a specific type of attack. Activity-attack graphs are graphical representations of actual attacks occuring in the threat landscape along the cyber kill chain. This allows CTI analysts to track current activity in the threat landscape and correlate the MITRE ATT&CK TPPs to the cyber kill chain in order to formulate scenarios an organization may face. Using these attack graphs, security teams can formulate specific threat hunt scenarios and ensure their security stack protects against attacks found in the wild. 

For more information on the diamond model and activity-attack graphs with the diamond model see the original paper by Sergio Caltagirone, Andrew Pendergast, and Christopher Betz here.

Here the diamond model is used to put together intelligence on the threat actor FIN7. I started with formulating a diamond based on the known adversary and then doing a high-level analysis of capabilities, infrastructure, and victims of the threat actor’s previous attacks.

Using this graph I was then able to build out a high-level activity-attack graph based on how the threat actors operate in the wild. Building the attack graph allowed me the ability to pull out an activity grouping specific to FIN7 as well in which they favor the use of phishing, powershell scripts, and their own PowerPlant backdoor. 

With the activity-attack graph, the ability for security teams to be responsive to FIN7 attacks is greatly enhanced. The SOC can now reference this when implementing controls to close gaps or understand where lack of visibility occurs, threat hunters can easily come up with the hypothesis needed to begin hunting, and incident response can reference it when doing IR to help provide context to the forensic artifacts that are uncovered.

Learn more here about how cyber threat intelligence is a key part of Netskope Cloud Threat Exchange

author image
Allen Funkhouser
Allen Funkhouser joined Netskope in 2021 as an intern while attending Maryville University of St. Louis for a Bachelor's in Cybersecurity.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog