ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。
シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The Environment as an Imperative

Jan 31 2023

About 15 months ago we made a prediction.

“COP26 has been the most urgent we have seen yet, with governments, businesses, and individuals all hearing and responding to scientists’ calls for expedient action to protect our ways of life. We will see this imperative running through RFPs and procurement choices in 2022, and I predict that Cloud Service Providers (CSP) will be required to share a metric of their carbon footprint and details on their green agenda.”

There were already plenty of clues pointing us towards this assertion. SAP had found that the thousands of organisations it polled were “overwhelmingly motivated” to take environmental action. And Gartner’s 2022-23 CEO priorities report told us that, for the first time ever, CEOs were placing environmental sustainability in their top 10 business priorities. In fact, 74% agreed that increasing environmental, social, and governance (ESG) efforts attract investors towards their businesses, and among the 80% who intended to invest in new or improved products over the next two years, environmental sustainability was cited as the largest driver.

But 2022 was an unexpectedly tricky ride for many organisations (Neil has written here before about the triple squeeze—high inflation, talent scarcity and supply chain issues), so does it still matter at all?

Deep into 2022, Capital Group was still hearing that 90% of the companies that it polled were adopting ESG solutions, which was a marked increase from previous years. And in our day-to-day conversations with European businesses, the appetite to improve sustainability posture has never really abated. 

In fact, while some predicted that more tricky economic times would lead to a reduction in resources available for sustainability efforts, I am hearing that leaner times are actually having the opposite effect. Business leaders are working out that what’s good for the planet may actually be good for them too. Strong environmental credentials appeal to consumers, driving sales. McKinsey reported that more than 70% of consumers would pay more for products with good environmental credentials. And reductions in energy usage (particularly in a world where energy costs are spiraling) impact positively upon both environmental targets and the bottom line. Sustainability efforts can also reduce operational costs, making it a wise business focus, through uncertainty in the economy.

Of course when we are talking about organisational environmental efforts we are talking about cross-departmental targets, but let’s not underplay the centrality of IT.  

Globally, data centres account for more than 3% of the global electricity supply. That’s more than the UK’s entire annual electricity consumption. And cloud computing has a larger carbon footprint than the airline industry; a surprising fact for many who eschew long haul flights but give no thought to the impact of their social media addiction. 

So what exactly are organisations starting to do? We shall tell you a few things, but do not expect a straightforward answer.

  1. Organisations are reducing their environmental impact by moving to the cloud. What? Didn’t we just tell you that cloud computing has a huge carbon footprint?  Yes, we did, but if we were to move all that data, services and processing back out of the cloud and run them in private data centres and on local devices, the situation would be significantly worse
  1. Many data centres are turning up the thermostat and allowing the space to become warmer. The argument has long been held that warmer temperatures do not materially impact hardware performance and so there is little justification for air cooling below 20 degrees Celsius (some of the hyperscale data centres are now sitting as high as 30 degrees). However, this discussion isn’t yet resolved as there is now some evidence that while energy consumption drops because of a reduced requirement for extensive air conditioning, computing hardware does in fact draw more energy when it is warmer. This one will rumble on for a while yet, and Peter Judge at DataCentre Dynamics covers the latest thinking pretty thoroughly here.  The other data centre technology to keep an eye on from a sustainability perspective is closed loop cooling, which is replacing raised floor systems in many cases. In a closed loop system, the cooled air is recycled. It is more effective to run, uses significantly less energy, and is also actually more efficient in transferring heat away from sources of emission.
  1. Both of the points above show the complexity of environmental discussion and prove that benchmarking and measurement are key to improvement. Savvy CIOs are starting to realise the centrality of their role in collecting, sharing, and analysing accurate and traceable data, to drive sustainability efforts. Without strategic data collection and management, we will all be operating in the dark when trying to determine if all our best efforts are making the slightest difference. 
  1. The final thing I am seeing emphasised is waste reduction. Sometimes that means reducing packaging or reconditioning and donating end-of-life hardware (reducing landfill waste). Sometimes it’s looking at your supply chain and asking critical questions about where things are coming from—and where you need them to go (got a single remote worker on a different continent? Maybe avoid a hardware solution that requires global physical distribution…).  Bear in mind that the biggest gains can often be achieved as part of a transformation project, and may be driven by a different primary goal. Could re-architecting your security and networking infrastructure reduce waste?

Neil’s prediction from 2021 has dated well, but we have no doubt that the finer details of these more specific points will run into greater challenges in their efforts to remain up to date by the back end of 2024. Yet it is worth keeping up with the experiments and successes of peers. All the science points to a shortening timeframe available for us to get things right and start making the requisite changes before our way of life is irreparably damaged. 

If you’d like to learn more about the ESG efforts at Netskope, read this blog about our recent Silver Medal rating from EcoVadis

author image
Neil Thacker
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).
author image
Jennica Sims
Jennica Sims is the Global Head of ESG at Netskope.