Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Why the Future of Command and Control is the Cloud
Aug 10 2019

Why the Future of Command and Control is the Cloud

Cloud adoption has grown dramatically within the enterprise and shows no signs of stopping. Many cloud services such as Github, Slack, Dropbox, and others are part of everyday business and rightfully don’t raise red flags to security teams. These systems are managed and patched by companies who have a strong incentive to protect the data that is stored on, and moves to and from, their infrastructure, in most cases providing encryption at rest and in transit. These are well-known, well-understood, and trusted systems with easy-to-use APIs.

But what if attackers wanted to use those APIs too? Attackers are motivated to not get caught, and are also interested in having encryption at rest and in transit. Attackers don’t want red flags raised – and they sure don’t want their IPs and domains block listed or sinkholed. So why not use those same services? With the release of SaaSy_boi, a proof-of-concept with limited functionality, we explore how the cloud provides redundancy and resilience for all applications – even those you don’t want on your network. 

Anatomy of an Attack

Attackers can find all kinds of ways onto an endpoint – phishing, drive-by download, or even mistakenly downloading a file from a bucket with lax permissions. Once malware is there, most enterprises usually have an IDS or IPS to block the outbound communication. But what happens when the communication happens over a channel that is trusted and encrypted? This creates a huge problem for IDS, since URL-based detections will be defeated (the endpoint is trusted) and deep-packet inspection detections will be difficult (since the payload is encrypted). 

In the case of our POC, SaaSy_boi, we start by pulling API keys from a paired url.txt file (URLs not included). This saves us the trouble of hard-coding API keys for Slack and Twitter, making it much easier for us to conduct our operations over multiple channels, should one of them be blocked by some unforeseen security solution. This sort of “lock but no key” approach is one we take repeatedly with SaaSy_boi to evade common mitigations.

Then, by using SaaS as command and control, much the same way that SLUB did, attackers can operate under the radar from most security products and conduct their surreptitious operations for longer. Slack and Twitter operate as our command and control channels. Slack takes and responds to commands over a channel with the same name as the computer name, while Twitter simply tweets out command responses for commands received. We have a third fall-back channel in Github, but no command responses are posted – so you have to know what you want to do.

SaaSy_boi will also:

  • Upload to Dropbox (given a key)
  • Download from dropbox (given a key)
  • Upload to Slack
  • Upload to file.io
  • Download from file.io
  • Execute any command over a reverse-shell
  • Take a screenshot and upload it to imgur

Why Write This POC?

We provide all this functionality so that researchers and security professionals can play with the code, run the POC, and write detections. We at Netskope and others in the security community believe that approaching our defensive posture from an attacker’s perspective can give us insights that simply thinking about defense doesn’t provide. As such, we seek to bypass defenses wherever they are so we and others can patch the holes we find and help make things safer for everyone.

*NOTE*: If you want to freeze and package the executable to see what your security solutions can detect: the official Python docs have a resource for you.

Conclusion

This blog post is based on the talk I gave at Defcon 27. 
SaaSy_Boi can be found here: https://github.com/netskopeOSS/saasy_boi