Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
Birds eye view metropolitan city

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope gartner mq 2022 sse leader
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

NetskopeCSOスピーキングイベント

今後のイベントの1つでNetskopeCSOチームに会いましょう。

イベントを探す
Netskope CSO Team

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
The Netskope Cloud Security Platform Netskopeの脅威対策

Netskopeの脅威対策

orange plus
管理されていないクラウドサービス、同期クライアント、モバイルアプリ、TLS暗号化クラウドサービスやWebサイトなど、他のセキュリティソリューションではできないトラフィックをデコードして検査し、脅威を特定して対処します。
plus image
About Threat Protection
orange plus

Threat protection
   like no other

Netskopeは、唯一の統合型クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)および次世代の安全なWebゲートウェイ(SWG)であり、独自のクラウドネイティブな視点、脅威検出の複数のレイヤー、および修復機能を組み合わせて、クラウドおよびWebサービスに包括的な脅威対策を提供します。

Malware Incident UI
orange plus

Cloud and Threat Report:
   Global Cloud and Web Malware Trends

In this edition of the Cloud Threat Report, we examine the past twelve months of malware downloads from the cloud and web. We highlight continued dominance of Trojans and of malware that targets Microsoft Windows, and a rise in malicious PDF files linked from popular search engine results.

クラウドと脅威のレポート:グローバルなクラウドとWebマルウェアのトレンド

Attacks are evading legacy web and
   email defenses

不正アカウント

攻撃者は、信頼できるマネージドクラウドサービスおよびアプリ内の不正なアカウントインスタンスを使用して、悪意のあるペイロードを共有および配信します。レガシーな防御方法では通常、アカウントの所有者を知ることはできません。しかしNetskope Cloud XD TMはユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを理解しているため、不正なインスタンスをブロックし、こういった攻撃を防ぐことができます。

カスタマイズされた攻撃

攻撃者は偵察を行って会社の優先するクラウドサービスとアプリを特定し、次にこれらのサービスの偽のログイン画面を作成して、ユーザーにアクセスを促し、認証情報を公開し、場合によってはペイロードをダウンロードします。Netskope Cloud XDはクラウドサービスのホスティングアカウントを分析するため、偽のログインページを識別してブロックできます。

クラウドフィッシング

攻撃者は、不正なアカウントインスタンスを使用して、信頼できるマネージドクラウドサービスからフィッシング攻撃要素を配信することにより、レガシーWebおよび電子メール防御を回避します。Netskopeは、AWS、Azure、GitHub、Box、Driveなどの企業に認可されているクラウドサービスの企業インスタンスと、不正インスタンスの違いを判別することによりクラウドフィッシングをブロックします。

ペイロードのホスティング

従来のインライン防御は、さまざまな事業部門、部門、およびユーザーによって採用されたすべてのサービスに「許可ポリシー」を配備することがよくあります。これは、クラウドでホストされているペイロードを攻撃するための扉を開きます。Netskopeは、認可クラウドと否認可クラウドの両方にきめ細かなポリシーを適用して、会社が承認したアカウントインスタンスを決定できます。

クラウドベースのC2

攻撃者は、コマンドアンドコントロール(C2)通信にクラウドを使用します。C2にSlackを使用するという攻撃があります。これは、企業のレガシーな防御をSlackがすり抜けることを知っているためです。Netskopeでは、クラウドサービスとアプリの幅広い「すべてを許可」をする代わりに、細かいユーザーとアカウントのインスタンスに対応したポリシーを適用して、リスクを特定・軽減することができます。

Netskope ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)クラウドネイティブソリューションは、ハイブリッドIT環境のアプリケーションへのセキュアなアクセスを実現するとともに、VPNなどの従来のポイントツーポイントアクセスソリューションの「アプライアンスの無秩序化」を軽減します。

データの流出

データの漏洩につながる危険なクラウドストレージはよく知られていますが、認可クラウドサービスの不正アカウントを介してデータが漏洩する可能性もあります。Netskopeは、データ漏洩防止(DLP)防御と、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを認識して情報漏洩を防止するきめ細かなポリシー制御を提供します。

不正アカウント

攻撃者は、信頼できるマネージドクラウドサービスおよびアプリ内の不正なアカウントインスタンスを使用して、悪意のあるペイロードを共有および配信します。レガシーな防御方法では通常、アカウントの所有者を知ることはできません。しかしNetskope Cloud XD TMはユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを理解しているため、不正なインスタンスをブロックし、こういった攻撃を防ぐことができます。

カスタマイズされた攻撃

攻撃者は偵察を行って会社の優先するクラウドサービスとアプリを特定し、次にこれらのサービスの偽のログイン画面を作成して、ユーザーにアクセスを促し、認証情報を公開し、場合によってはペイロードをダウンロードします。Netskope Cloud XDはクラウドサービスのホスティングアカウントを分析するため、偽のログインページを識別してブロックできます。

クラウドフィッシング

攻撃者は、不正なアカウントインスタンスを使用して、信頼できるマネージドクラウドサービスからフィッシング攻撃要素を配信することにより、レガシーWebおよび電子メール防御を回避します。Netskopeは、AWS、Azure、GitHub、Box、Driveなどの企業に認可されているクラウドサービスの企業インスタンスと、不正インスタンスの違いを判別することによりクラウドフィッシングをブロックします。

ペイロードのホスティング

従来のインライン防御は、さまざまな事業部門、部門、およびユーザーによって採用されたすべてのサービスに「許可ポリシー」を配備することがよくあります。これは、クラウドでホストされているペイロードを攻撃するための扉を開きます。Netskopeは、認可クラウドと否認可クラウドの両方にきめ細かなポリシーを適用して、会社が承認したアカウントインスタンスを決定できます。

クラウドベースのC2

攻撃者は、コマンドアンドコントロール(C2)通信にクラウドを使用します。C2にSlackを使用するという攻撃があります。これは、企業のレガシーな防御をSlackがすり抜けることを知っているためです。Netskopeでは、クラウドサービスとアプリの幅広い「すべてを許可」をする代わりに、細かいユーザーとアカウントのインスタンスに対応したポリシーを適用して、リスクを特定・軽減することができます。

データの流出

データの漏洩につながる危険なクラウドストレージはよく知られていますが、認可クラウドサービスの不正アカウントを介してデータが漏洩する可能性もあります。Netskopeは、データ漏洩防止(DLP)防御と、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを認識して情報漏洩を防止するきめ細かなポリシー制御を提供します。

orange plus
Key features and
   benefits
完全な可視性を得る

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査します
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視します
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
脅威とデータ漏洩を防止

Leverage multiple prevention defense layers, threat intelligence feeds, automated IOC sharing, UEBA anomaly detection including data exfiltration, remote browser isolation, plus granular policy controls using data context.

  • Leverage multiple prevention defense layers, including anti-malware, client traffic exploit prevention (CTEP), heuristics, machine-learning analysis, and pre-execution document and script analysis
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) provides bi-directional automated IOC sharing
  • Add-on Netskope Remote Browser Isolation (RBI) to isolate risky websites, and Netskope Cloud Firewall (CFW) to secure all ports and protocols users and offices
  • Detect data exfiltration anomalies between company and personal instances
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックします。
    • Fake phishing forms used by cloud phishing attacks
    • Malicious Office documents and scripts
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード
脅威を検出して駆除する

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定します
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用します
クラウド脅威インテリジェンスを活用

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用します。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームです
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完します
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する
脅威にすばやく対応

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用します
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整する

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査します
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視します
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー

Leverage multiple prevention defense layers, threat intelligence feeds, automated IOC sharing, UEBA anomaly detection including data exfiltration, remote browser isolation, plus granular policy controls using data context.

  • Leverage multiple prevention defense layers, including anti-malware, client traffic exploit prevention (CTEP), heuristics, machine-learning analysis, and pre-execution document and script analysis
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) provides bi-directional automated IOC sharing
  • Add-on Netskope Remote Browser Isolation (RBI) to isolate risky websites, and Netskope Cloud Firewall (CFW) to secure all ports and protocols users and offices
  • Detect data exfiltration anomalies between company and personal instances
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックします。
    • Fake phishing forms used by cloud phishing attacks
    • Malicious Office documents and scripts
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定します
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用します

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用します。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームです
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完します
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用します
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整する
orange plus

Shift your threat prevention to the cloud,
   for the cloud

61%
のマルウェアはクラウド配信
orange plus

Shift your threat prevention to the cloud,
   for the cloud

27%
of malware is malicious documents
orange plus
Cloud-focused threat protection
   use cases
マルウェア防止

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性な廃棄済みファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

高度な脅威対策

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

行動異常を検出する

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

クラウドフィッシングを防止する

Reduce the attack surface created by the managed cloud services your users trust and attackers target. Detect credential inputs into cloud-hosted fake phishing forms legacy defenses miss.

ペイロードのホスティング

Legacy defenses with allow/deny controls open the door for cloud hosted payloads in apps and cloud services as they rarely deny them, cannot inspect the content, and users trust these domains with valid certificates. Netskope inspects cloud and web traffic for threats, plus applies granular policy controls based on data context.

Malicious Documents

Since the pandemic, malicious Office documents have increased targeting remote working users and evading legacy defenses. Netskope inspects cloud and web traffic for malicious Office documents using a supervised machine-learning classifier trained and kept current with production data.

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性な廃棄済みファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

Reduce the attack surface created by the managed cloud services your users trust and attackers target. Detect credential inputs into cloud-hosted fake phishing forms legacy defenses miss.

Legacy defenses with allow/deny controls open the door for cloud hosted payloads in apps and cloud services as they rarely deny them, cannot inspect the content, and users trust these domains with valid certificates. Netskope inspects cloud and web traffic for threats, plus applies granular policy controls based on data context.

Since the pandemic, malicious Office documents have increased targeting remote working users and evading legacy defenses. Netskope inspects cloud and web traffic for malicious Office documents using a supervised machine-learning classifier trained and kept current with production data.

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSE is built on the Netskope Security Cloud, a platform that provides unrivaled visibility and real-time data and threat protection when accessing cloud services, websites, and private apps from anywhere, on any device.

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloud Platform diagram
plus image
Cloud Exchange
orange plus

Cloud Exchange for
   Technology Integrations

Cloud Exchange consumes valuable Netskope telemetry and external threat intelligence and risk scores, enabling improved policy implementation, automated service ticket creation, and exportation of log events from the Netskope Security Cloud.

Cloud Exchange diagram
plus image
Analyst recognition
orange plus

Trusted by the industry’s
   leading authorities

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Predicts 2022: Consolidated Security Platforms Are the Future
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
orange plus

Trusted by
   leading companies

クラウドサービスとWebトラフィックに潜む脅威を防止および検出します。
Go to Customers
01  01
quote
It’s a cloud and mobile usage world today and if you’re not thinking about that from a threat propagation point of view, you’re flying blind. At the core of our CASB project was solving this side of the cloud enablement equation and Netskope gives us that power.”
CISO
Leading High Tech Company
plus image
リソース
orange plus

Threat Protection
   resources

blue plus
データシート
Netskope Behavior Analytics
blue plus
データシート
Netskope Cloud Threat Exchange
blue plus
データシート
Netskope アドバンストアナリティクス
blue plus
データシート
Netskope Remote Browser Isolation
blue plus
Guide
Adoption Guide for SASE
blue plus
レポート
Cybersecurity Insiders - 2020 Zero Trust Report
blue plus
データシート
Netskopeの脅威対策
blue plus
デモ
Netskope and CrowdStrike
blue plus
レポート
Cloud and Threat Report - February 2020 Edition

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化