ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • Security Service Edge Products

    Protect against advanced and cloud-enabled threats and safeguard data across all vectors.

  • Borderless SD-WAN

    Confidently provide secure, high-performance access to every remote user, device, site, and cloud.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
Quick Answer: How Does Netskope’s Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE and SSE Projects?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 15: Building Permanent Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

Netskopeの脅威対策

オレンジのプラス記号
管理されていないクラウドサービス、同期クライアント、モバイルアプリ、TLS暗号化クラウドサービスやWebサイトなど、他のセキュリティソリューションではできないトラフィックをデコードして検査し、脅威を特定して対処します。
プラス記号の画像
脅威対策について
オレンジのプラス記号


   他に類を見ない脅威対策

Netskopeは、唯一の統合型クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)および次世代の安全なWebゲートウェイ(SWG)であり、独自のクラウドネイティブな視点、脅威検出の複数のレイヤー、および修復機能を組み合わせて、クラウドおよびWebサービスに包括的な脅威対策を提供します。

AV-Test Netskope SSE
オレンジのプラス記号

Cloud and Threat Report: Phishing

In this edition of the Cloud Threat Report, we highlight current phishing attack trends and how they are starting to change based on cloud app usage. An average of 8 out of every 1,000 enterprise users clicked on a phishing link or otherwise attempted to access phishing content in Q3 2022. We also take a closer look at two types of phishing, where attackers are stealing data by fake login pages or by using fake third-party cloud apps.

Cloud and Threat Report: Phishing

攻撃は、レガシーウェブおよび
   電子メールの防御を回避しています。

不正アカウント

攻撃者は、信頼できるマネージドクラウドサービスおよびアプリ内の不正なアカウントインスタンスを使用して、悪意のあるペイロードを共有および配信します。レガシーな防御方法では通常、アカウントの所有者を知ることはできません。しかしNetskope Cloud XD TMはユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを理解しているため、不正なインスタンスをブロックし、こういった攻撃を防ぐことができます。

カスタマイズされた攻撃

攻撃者は偵察を行って会社の優先するクラウドサービスとアプリを特定し、次にこれらのサービスの偽のログイン画面を作成して、ユーザーにアクセスを促し、認証情報を公開し、場合によってはペイロードをダウンロードします。Netskope Cloud XDはクラウドサービスのホスティングアカウントを分析するため、偽のログインページを識別してブロックできます。

クラウドフィッシング

攻撃者は、不正なアカウントインスタンスを使用して、信頼できるマネージドクラウドサービスからフィッシング攻撃要素を配信することにより、レガシーWebおよび電子メール防御を回避します。Netskopeは、AWS、Azure、GitHub、Box、Driveなどの企業に認可されているクラウドサービスの企業インスタンスと、不正インスタンスの違いを判別することによりクラウドフィッシングをブロックします。

ペイロードのホスティング

従来のインライン防御は、さまざまな事業部門、部門、およびユーザーによって採用されたすべてのサービスに「許可ポリシー」を配備することがよくあります。これは、クラウドでホストされているペイロードを攻撃するための扉を開きます。Netskopeは、認可クラウドと否認可クラウドの両方にきめ細かなポリシーを適用して、会社が承認したアカウントインスタンスを決定できます。

クラウドベースのC2

攻撃者は、コマンドアンドコントロール(C2)通信にクラウドを使用します。C2にSlackを使用するという攻撃があります。これは、企業のレガシーな防御をSlackがすり抜けることを知っているためです。Netskopeでは、クラウドサービスとアプリの幅広い「すべてを許可」をする代わりに、細かいユーザーとアカウントのインスタンスに対応したポリシーを適用して、リスクを特定・軽減することができます。

Netskope ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)クラウドネイティブソリューションは、ハイブリッドIT環境のアプリケーションへのセキュアなアクセスを実現するとともに、VPNなどの従来のポイントツーポイントアクセスソリューションの「アプライアンスの無秩序化」を軽減します。

データの流出

データの漏洩につながる危険なクラウドストレージはよく知られていますが、認可クラウドサービスの不正アカウントを介してデータが漏洩する可能性もあります。Netskopeは、データ漏洩防止(DLP)防御と、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを認識して情報漏洩を防止するきめ細かなポリシー制御を提供します。

不正アカウント

攻撃者は、信頼できるマネージドクラウドサービスおよびアプリ内の不正なアカウントインスタンスを使用して、悪意のあるペイロードを共有および配信します。レガシーな防御方法では通常、アカウントの所有者を知ることはできません。しかしNetskope Cloud XD TMはユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを理解しているため、不正なインスタンスをブロックし、こういった攻撃を防ぐことができます。

カスタマイズされた攻撃

攻撃者は偵察を行って会社の優先するクラウドサービスとアプリを特定し、次にこれらのサービスの偽のログイン画面を作成して、ユーザーにアクセスを促し、認証情報を公開し、場合によってはペイロードをダウンロードします。Netskope Cloud XDはクラウドサービスのホスティングアカウントを分析するため、偽のログインページを識別してブロックできます。

クラウドフィッシング

攻撃者は、不正なアカウントインスタンスを使用して、信頼できるマネージドクラウドサービスからフィッシング攻撃要素を配信することにより、レガシーWebおよび電子メール防御を回避します。Netskopeは、AWS、Azure、GitHub、Box、Driveなどの企業に認可されているクラウドサービスの企業インスタンスと、不正インスタンスの違いを判別することによりクラウドフィッシングをブロックします。

ペイロードのホスティング

従来のインライン防御は、さまざまな事業部門、部門、およびユーザーによって採用されたすべてのサービスに「許可ポリシー」を配備することがよくあります。これは、クラウドでホストされているペイロードを攻撃するための扉を開きます。Netskopeは、認可クラウドと否認可クラウドの両方にきめ細かなポリシーを適用して、会社が承認したアカウントインスタンスを決定できます。

クラウドベースのC2

攻撃者は、コマンドアンドコントロール(C2)通信にクラウドを使用します。C2にSlackを使用するという攻撃があります。これは、企業のレガシーな防御をSlackがすり抜けることを知っているためです。Netskopeでは、クラウドサービスとアプリの幅広い「すべてを許可」をする代わりに、細かいユーザーとアカウントのインスタンスに対応したポリシーを適用して、リスクを特定・軽減することができます。

データの流出

データの漏洩につながる危険なクラウドストレージはよく知られていますが、認可クラウドサービスの不正アカウントを介してデータが漏洩する可能性もあります。Netskopeは、データ漏洩防止(DLP)防御と、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを認識して情報漏洩を防止するきめ細かなポリシー制御を提供します。

オレンジのプラス記号

主な機能と
   利点

完全な可視性を得る

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査します
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視します
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
脅威とデータ漏洩を防止

複数の防御層、脅威インテリジェンスフィード、自動IOC共有、データ流出を含む UEBA異常検知検出 、リモートブラウザ分離、さらにデータコンテキストを使用した詳細なポリシー制御を活用します。

  • マルウェア対策、クライアントトラフィックエクスプロイト対策 (CTEP)、ヒューリスティック、マシンラーニング分析、実行前の文書・スクリプト分析など、複数の防御層を活用
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) が双方向の自動IOC共有を提供
  • アドオンNetskopeリモートブラウザ分離 (RBI) で危険性の高いウェブサイトを分離し、Netskope Cloud Firewall (CFW) でユーザーとオフィスのすべてのポートとプロトコルを保護します。
  • 企業と個人のインスタンス間のデータ流出異常の検出
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックします。
    • クラウドフィッシング攻撃で使用される偽のフィッシングフォーム
    • 悪意のあるOffice文書とスクリプト
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード
脅威を検出して駆除する

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定します
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用します
クラウド脅威インテリジェンスを活用

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用します。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームです
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完します
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する
脅威にすばやく対応

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用します
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整する

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査します
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視します
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー

複数の防御層、脅威インテリジェンスフィード、自動IOC共有、データ流出を含む UEBA異常検知検出 、リモートブラウザ分離、さらにデータコンテキストを使用した詳細なポリシー制御を活用します。

  • マルウェア対策、クライアントトラフィックエクスプロイト対策 (CTEP)、ヒューリスティック、マシンラーニング分析、実行前の文書・スクリプト分析など、複数の防御層を活用
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) が双方向の自動IOC共有を提供
  • アドオンNetskopeリモートブラウザ分離 (RBI) で危険性の高いウェブサイトを分離し、Netskope Cloud Firewall (CFW) でユーザーとオフィスのすべてのポートとプロトコルを保護します。
  • 企業と個人のインスタンス間のデータ流出異常の検出
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックします。
    • クラウドフィッシング攻撃で使用される偽のフィッシングフォーム
    • 悪意のあるOffice文書とスクリプト
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定します
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用します

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用します。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームです
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完します
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用します
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整する
オレンジのプラス記号

クラウドを使用するために、脅威対策を
   クラウドにシフトしましょう

61%
のマルウェアはクラウド配信
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
オレンジのプラス記号

クラウドを使用するために、脅威対策を
   クラウドにシフトしましょう

27%
のマルウェアは悪意のある文書
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
オレンジのプラス記号

クラウドに焦点を当てた脅威対策
   使用例

マルウェア防止

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性な廃棄済みファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

高度な脅威対策

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

行動異常を検出する

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

クラウドフィッシングを防止する

ユーザーが信頼し、攻撃者がターゲットとする管理対象のクラウドサービスによって作成される攻撃対象領域を減らします。クラウドでホストされている偽のフィッシングフォームへのクレデンシャル入力を検出します。

ペイロードのホスティング

許可/拒否制御を行う従来の防御では、アプリやクラウドサービスのペイロードを拒否することはほとんどなく、コンテンツを検査することもできず、ユーザーは有効な証明書を持つこれらのドメインを信頼するため、クラウドでホストされているペイロードのドアを開けてしまいます。Netskopeは、クラウドとウェブトラフィックの脅威を検査し、データのコンテキストに基づいて詳細なポリシー制御を適用します。

悪意のある文書

パンデミック以来、悪意のあるOffice文書がリモートワークユーザーをターゲットにし、従来の防御を回避する事例が増加しています。Netskopeは、クラウドやウェブトラフィックに悪意のあるOffice文書がないか、本番データで訓練された教師付きマシンラーニング分類子を使用して検査します。

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性な廃棄済みファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

ユーザーが信頼し、攻撃者がターゲットとする管理対象のクラウドサービスによって作成される攻撃対象領域を減らします。クラウドでホストされている偽のフィッシングフォームへのクレデンシャル入力を検出します。

許可/拒否制御を行う従来の防御では、アプリやクラウドサービスのペイロードを拒否することはほとんどなく、コンテンツを検査することもできず、ユーザーは有効な証明書を持つこれらのドメインを信頼するため、クラウドでホストされているペイロードのドアを開けてしまいます。Netskopeは、クラウドとウェブトラフィックの脅威を検査し、データのコンテキストに基づいて詳細なポリシー制御を適用します。

パンデミック以来、悪意のあるOffice文書がリモートワークユーザーをターゲットにし、従来の防御を回避する事例が増加しています。Netskopeは、クラウドやウェブトラフィックに悪意のあるOffice文書がないか、本番データで訓練された教師付きマシンラーニング分類子を使用して検査します。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
Cloud Exchange
オレンジのプラス記号

Cloud Exchangeを
技術統合に活用

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Predicts 2022: Consolidated Security Platforms Are the Future
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

クラウドサービスとWebトラフィックに潜む脅威を防止および検出します。
お客様へ
01  01
引用
それは今日のクラウドとモバイルを利用する世界であり、脅威の伝播の観点からそれについて考えていなければ、ブラインド・スポットを増やすことになります。CASBプロジェクトの中心は、クラウド使用に取り組む際のこの側面を解決することでしたが、Netskopeはその力を提供します。
CISO
大手ハイテク企業
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

脅威対策
   リソース

ブルーのプラス記号
データシート
Netskope行動分析
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Cloud Threat Exchange
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope アドバンストアナリティクス
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope リモート ブラウザーの分離
ブルーのプラス記号
Guide
SASE導入ガイド
ブルーのプラス記号
レポート
Cybersecurity Insiders - 2020 Zero Trust Report
ブルーのプラス記号
データシート
Netskopeの脅威対策
ブルーのプラス記号
デモ
NetskopeとCrowdStrike
ブルーのプラス記号
レポート
クラウドと脅威のレポート - 2020年2月版

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化