Netskope named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the report

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Still Highest in Execution.
Still Furthest in Vision.

2024 Gartner ® Magic Quadrant ™が Netskope を 3 年連続でセキュリティ サービス エッジのリーダーに選出した理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope Named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge graphic for menu
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
7 min read

SASEの意味:SASEは何の略なのか? リンク リンク

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)は、「生意気」と発音され、ユーザー、アプリケーション、およびデータを保護することを目的としたネットワークおよびセキュリティサービスを提供するクラウドベースのアーキテクチャです。

Secure Access Service Edge(SASE、発音は、「サッシー」)は、ユーザー、アプリケーション、データを保護するためのネットワークとセキュリティサービスを提供するクラウドベースのアーキテクチャです。この言葉は、2019年にGartnerによって提唱され、急速にその存在感を拡大し、現在の10年間で、トップレベルの意欲の高いセキュリティ概念の1つになっています。多くのユーザーやアプリケーションがもはや企業ネットワーク上に存在せず、動作していないことを考えると、アクセスやセキュリティ対策は、企業のデータセンターにある従来のハードウェアアプライアンスに依存することはできません。

SASE セキュリティは、クラウド配信サービスの形で必要なネットワーキングおよびセキュリティ機能を提供することを約束します。 適切に行われる SASE モデルは、境界ベースのアプライアンスとレガシーソリューションを排除します。 セキュリティのためにトラフィックをアプライアンスに配信する代わりに、ユーザーは SASE クラウドサービスに接続し、セキュリティポリシーを一貫して適用してWebサービス、アプリケーション、およびデータに安全にアクセスして使用します。

セキュアアクセスサービスエッジの「エッジ」はどこにあるのか?

SASEにおける「エッジ」とは、クラウドプロバイダーのハードウェア(データセンター、デバイス)に存在するグローバルなシステムのことを指します。ユーザーは、どこからでもログインしてIDを認証することでクラウドサービスにアクセスし、この「エッジ」を経由してクラウド環境へと導かれます。

SASEの意味


ホワイトペーパー: SASEとセキュリティ変革を形作る7つの力
ブログ: SASEのCISOの見解


 

なぜSASEが重要なのか? リンク リンク

SASE は、セキュリティの強化、パフォーマンスの向上、ネットワーク管理の簡素化、柔軟性と俊敏性、コスト効率の向上を実現するため、重要です。

従来のセキュリティ対策では、アプリケーションとユーザーがネットワーク境界内に存在することが想定されていましたが、この前提が崩れつつあります。企業データがクラウドに移行し、従業員がリモートで作業する作業が増えています。また、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブでは、IT組織は新しいビジネスチャンスに素早く活用する必要があります。

その結果、従来のネットワーク境界は解消されつつあり、アクセス制御、データ保護、脅威保護の新しいモデルが必要です。 これらの変化に照らして、組織は、ファイアウォール、セキュアWebゲートウェイ、データ損失防止(DLP)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)などのスタンドアロンポイント製品の既存のコレクションが、クラウドファーストの世界では適用できなくなったことに気づいていることでしょう。
SASE ガートナーの予測

企業の20%が2023年までにSWG、CASB、ZTNA、ブランチFWaaSを採用する
の企業が2023年までにSWG、CASB、ZTNA、およびブランチFWaaSを採用する
企業の40%が2024年までにSASEを採用する戦略を策定
の企業が2024年までにSASEを採用する戦略を策定する

参考: GARTNER レポート: THE FUTURE OF NETWORK SECURITY ISIN THE CLOUD

 

SASE アーキテクチャとは何か? リンク リンク

SASE アーキテクチャは、通常はクラウドベースのサービスとして提供されるさまざまなネットワーキングおよびセキュリティテクノロジーとサービスを、ワイドエリアネットワーキング(WAN)機能とセキュリティ機能を組み合わせた単一のプラットフォームに統合し、ネットワーク接続と保護に対する包括的でスケーラブルなアプローチを作成します。

SASEは、ネットワークとセキュリティサービスをクラウド配信でアーキテクチャに統合し、あらゆる場所でユーザー、アプリケーション、データを保護します。ユーザーとアプリケーションが企業ネットワーク上に存在しなくなった場合、ネットワークエッジの従来のハードウェアアプライアンスにセキュリティ対策を依存させることはできません。

SASE ダイアグラム

SASEアーキテクチャには、セキュリティとネットワークの2つの側面がある

代わりに、 SASE ソリューションは、必要なネットワーキングとセキュリティをクラウド配信サービスとして提供することを約束します。 適切に行われる SASE モデルは、境界ベースのアプライアンスとレガシーソリューションを排除。 セキュリティのためにトラフィックをアプライアンスに配信する代わりに、ユーザーは SASE クラウドサービスに接続して、セキュリティポリシーを一貫して適用してアプリケーションとデータを安全に使用します。

SASE テクノロジーと機能 リンク リンク

SASE アーキテクチャは、ユーザーとデバイスを識別し、ポリシーベースのセキュリティ制御を適用し、適切なアプリケーションまたはデータへの安全なアクセスを提供できます。SASE セキュリティにより、ユーザー、データ、アプリケーション、またはデバイスがどこにあるかに関係なく、安全なアクセスを提供できます。

  • 単一のプラットフォームアーキテクチャかつクラウドネイティブのマイクロサービス
  • SSL/TLS 暗号化されたトラフィックを検査する機能
  • クラウドやウェブトラフィックをデコードできるインラインプロキシ(Next-Generation Secure Web Gateway/NG SWG
  • すべてのポートとプロトコルに対応したファイアウォールと侵入からの保護(サービスとしてのファイアウォール/FWaaS)
  • 保存データのマネージドクラウドサービスAPI統合(Cloud Access Security Broker/CASB
  • パブリッククラウドIaaSの継続的なセキュリティ評価(Cloud Security Posture Management/CSPM
  • 移動中および保存中のデータに対する高度なデータ保護(データ損失防止/DLP
  • AI/ML、UEBA、サンドボックスなど、高度な脅威対策 (Advanced TP)
  • EPP/EDR(Endpoint Protection Platform/Endpoint Detection and Response)、SIEM (Security Information and Event Management)、SOAR(Security Orchestration, Automation, and Response)による脅威インテリジェンスの共有と統合
  • ゼロトラストネットワークアクセスを備えたソフトウェア定義の境界線は、従来のVPNを置き換える(SDP, ZTNA
  • SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)などのブランチネットワーキングイニシアチブのサポートを含むブランチの保護
  • グローバルPOP(Point of Presence)フットプリントを備えたキャリアグレードの高い拡張性を持つネットワークインフラストラクチャ

 

SASEアーキテクチャの背景にある主な変革は何か?

 

SASEのメリット リンク リンク

SASE ネットワークアーキテクチャは、セキュリティの強化、パフォーマンスの向上、管理の簡素化、スケーラビリティ、コスト効率、コンプライアンスの調整、および将来性を提供します

SASE ネットワークアーキテクチャは、セキュリティの強化、パフォーマンスの向上、管理の簡素化、スケーラビリティ、コスト効率、コンプライアンスの調整、および将来性を提供します。 SASEを採用することで、組織は現代のデジタルランドスケープの要求に対応する柔軟で安全で俊敏なネットワークインフラストラクチャを確立できます。

1. 柔軟性:
どこからでもネットまたはクラウドに直接アクセスできるため、新しいデジタルビジネスモデルを簡単に採用可能

2. コスト削減:
オンプレミスインフラストラクチャの設備投資を削減し、サービスとしてのセキュリティモデルにより、運用コストを低く抑える

3. 複雑さの軽減:
サービスをクラウド配信モデルに統合することで、従来のポイントソリューションの複雑なスタックを排除した運用作業の簡素化

4. パフォーマンスの向上:
低レイテンシー、大容量、高可用性向けに最適化されたグローバルネットワークインフラストラクチャを通じて、インターネットリソースへのアクセスを強化および高速化

5. ゼロトラストネットワークアクセス:
パブリック/プライベートクラウド上に展開されたプライベートアプリへのセキュアでコンテキストに基づいたアクセスを提供

6. 脅威からの保護:
クラウドフィッシング、マルウェア、ランサムウェア、悪意のあるインサイダーなどのクラウド攻撃やウェブ攻撃を阻止

7. データ保護:
認可クラウドの中だけでなく、企業用と個人用のクラウドアプリケーションのインスタンス間も含めて、組織内外のあらゆる場所のデータを保護

 

SASEネットワークを採用する際に尋ねるべき4つの質問は何か リンク リンク

1. 現在のウェブやクラウドのセキュリティは、すべてのウェブやクラウドのトラフィックを完全に可視化し、コンテキストをどのように提供しますか?

セキュア Web ゲートウェイ(SWG)とクラウドアクセスセキュリティブローカー (CASB)を統合することを検討してください。これにより、同じプラットフォームでクラウドホストされるデータ損失保護(DLP)と高度な脅威対策(ATP)防御の重要な可視性と制御が提供されます。従来の SWG アプライアンスを廃止するほか、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)に移行して、従来のVPN アプライアンスを置き換えて、セキュリティで保護されたアクセス体制全体を最新化します。

2. 現在のセキュリティソリューションは、どの程度のクラウド規模に対応していますか?

クラウドトラフィックの大部分は暗号化されており、従来のネットワーク制御を回避するためにクラウドを活用する攻撃者が増えています。クラウド規模の SSL/TLS 検査を使用すると、脅威の状況を把握できます。

3. 現在のネットワークは、高いパフォーマンスと安定した可用性をサポートしていますか?

SASEが遅い場合、不満を持っているユーザーはシステムを回避する方法を探すため、ユーザーは低レイテンシーで高いパフォーマンスを期待しています。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために、SASEソリューションは高いパフォーマンスを発揮するように設計されており、ユーザーのいる場所に近いところにPoPを設置します。

4. 既存のセキュリティスタックを管理するために、現在何台のコンソールを準備し、どれほどのポリシーを作成する必要がありますか?

多くのベンダーが単にソフトウェアを仮想化し、クラウドベースのソリューションと呼んでいます。しかしSASEとして設計されていない場合、複数の管理コンソール、管理が困難な複雑なポリシー、調査を実行するための時間の無駄なツールが必要になる可能性があります。ネットワークとセキュリティチームの運用と効果を合理化するために、単一の管理コンソール、単一のクライアント、単一のポリシーエンジンを持つソリューションを選択します。

 

SASEとSSE:違いは何ですか? リンク リンク

SSEは、Webプロキシ(SWG)、ZTNA、CASB、DLPを1つの強力で高性能なソリューションに統合することで、技術アーキテクチャの最新化に成功しました。

SASEを理解したので、 SSE とは何か、そしてなぜ話題性があるのかについて触れたいと思います。セキュリティサービスエッジ(SSE)は、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE) アーキテクチャの残りの半分として、複数のクラウドベースのセキュリティサービスを収束させたものです。SSE は、セキュリティを簡素化し、リスクを軽減し、インラインの可視性を提供し、データのきめ細かい制御を提供し、 Advanced Analytics 機能を通じて予防策を作成する単一のアーキテクチャを通じてビジネスにメリットをもたらします。

 

 

ライトブループラス

2023SASE Week:
SASEの旅が今始まります!

オンデマンド配信にご登録いただくと、20セッションの中からお選びいただけます。

SASE Week 2023
ライトブループラス

ネットワーキング、セキュリティ、ゼロトラストが融合する場所

集中型の教育的な半日セミナーに直接ご参加ください。このセミナーでは、統合ネットワークとサービス プラットフォームとしてのセキュリティの利点と、SASE とゼロトラストへの取り組みを開始または進める方法について深く理解します。

Netskope SASE Summit 2024

SASEエキスパートになる

Netskopeが後援するSASE認定は、セキュリティとネットワーキングのアーキテクチャフレームワークであるセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)に関する入門トレーニングであり、現代の組織がクラウドアプリケーションを採用し、データを保護し、ネットワーキングとセキュリティサービスを統合する際に直面するセキュリティの課題に対処します。

SASE認定
プラス記号の画像
SASEリソース
ライトブループラス

SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計の唯一のガイドの無料コピーを入手してください。 SASEとは何か、そしてそうではないのかを実際に理解し、セキュリティとネットワーキングへの投資を将来にわたって保証することができます。

SASEアーキテクチャの設計 For Dummiesの電子書籍

最新のクラウドセキュリティ洞察情報を購読する

このフォームを送信することにより、あなたはNetskopeの 利用規約 に同意し、当社の プライバシーに関する声明に同意したことになります。