ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス Three Requirements for Effective Cloud Incident Management
Dec 06 2016

Three Requirements for Effective Cloud Incident Management

Three Requirements for Effective Cloud Incident Management

Working with some of our largest customers here at Netskope, I’ve been involved in several implementations of cloud DLP. More than 80 percent of our customers choose to include the Netskope data loss prevention solution and that requires an effective cloud incident management program. Without effective incident management an incident can rapidly disrupt business operations, information security, IT systems, employees or customers and other vital business functions. This is one of the top security concerns for executives when considering cloud migration and how to prepare and manage incidents when something goes wrong. Below are three requirements that I’ve observed at customers with the most successful cloud policy enforcement and DLP programs, used in conjunction with Netskope as their cloud control point.

  1. Contextual information for analysis. A big problem even for smaller companies is the amount of false positives that come in and can quickly overwhelm the response team. Make sure you’re tracking granular information like the type of device a user is on, the actual activity (i.e. download or share), location, network, and more. This information helps inform your cloud policy creation to reduce false positives and also helps you triage when a policy fires. It’s a lot easier to prioritize an incident and take action when comparing one incident that happened on-premises, versus one that happened remotely on an unmanaged device and dealt with sharing sensitive data to an outside party.
picture1
  1. Finely tuned cloud DLP policies. One of the main challenges in deploying DLP is showing immediate value without drowning yourself in data. Determine the data or information you want to discover, monitor, and protect. This is all about efficient cloud policy creation. When you have visibility into the cloud services and the activities performed by users, the next step is to define policies to enforce your business rules. Policies allow you to enforce an action (like block) based on the cloud services, cloud app categories, users and groups, cloud service activity, and so on. In addition to this, you can also define DLP and threat protection profiles to inspect traffic to prevent sensitive and critical data leaks and exposure, such as are you creating alerts and policies for certain high-risk activities and data? What kinds of activities or potential violation types are you tracking? With the right set of policies in place, you can easily determine what would be valid violations related to your organization and what are normal, everyday activities. You can use the contextual information from our first requirement to benchmark and inform your policy setting. With proper forensics, you can see all the information you need in terms of what your users are doing in the cloud and what you should be looking at. As an example, here are two DLP policies, one for data a rest (Introspection) and one in real time (Inline) that will alert for downloads and uploads of sensitive data like PII.
picture2 picture3

 

  1. Automated remediation workflows. Incident management enables you to use policies to find and track DLP violations. When a violation is found, the object is placed in a forensics folder so you can review the specific types of sensitive data that are exposed. An automated cloud policy enforcement program is necessary for getting to a quick resolution and remediation. For the cloud, this is done via workflows that kick off, informing both the user and security admins of what happened. An example of this would be a file being put into quarantine or legal hold because it contains sensitive information. Both the user who uploaded the file into the Cloud Storage app is notified as well as the security admin. The violation registers in the incident management dashboard for the admin to assign a team member to look into or to resolve. Setting these workflows up ensures incidents are resolved and tracked to completion in a reasonable amount of time.
picture4

 

In conclusion, we hope our requirement guidelines provided the necessary insight to hit the ground running. For any organization implementing a cloud security program at scale, these requirements will prove to be helpful in driving these programs to success.