Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
プレスリリース
London, UK
Nov 24, 2021

New research: 79% of European businesses already seeing savings from shift to cloud security

  • 54% of organisations working on a security transformation project now or in the next 12 months
  • 30% will converge network and security teams but 92% will continue to run separate budgets 
  • CIOs evenly split on whether network or security teams will take responsibility for SASE and Zero Trust transformation projects

London, UK – 24th November 2021 – Nearly 4 out of 5 European businesses have already found savings by using cloud security to replace legacy security appliances and reduce bandwidth requirements, according to research conducted by Netskope, the SASE leader.  Savings are coming from hardware and appliance replacement including VPNs (25%), reduced bandwidth needs (23%), and vendor consolidation (21%). Replacing costly firewalls (with Firewall-as-a-Service FWaaS) in particular has produced savings for 21% of IT teams. 

The research was undertaken to investigate European CIO and CISO intentions and practices at a time of huge security and networking change.  99.5% of research respondents are undertaking network and security transformation projects in the next 5 years, and more than half are already underway or lined up for the next 12 months. The question the research looked to answer was; what does this mean in practice for teams, budgets, skills, and suppliers?

Ownership and funding: The first finding from the research was a lack of clarity over who should take responsibility – and pay – for key transformation projects and frameworks such as SASE and Zero Trust. 

  • One in three network and security teams are going to merge within the next two years, driven by a significant growth in cloud use which, according to CIOs and CISOs; “makes the separation of teams unhelpful”.
  • 92% of CIOs do not intend to converge network and security budgets, even when they merge the teams, potentially risking internal friction
  • 27% of IT leaders are moving responsibility and funding for network security to the security team to fund SASE and Zero Trust, but the same number (27%) is pushing security budgets in the other direction, handing them to network and infrastructure teams to fund a security-by-design approach. 
  • 28% of survey participants decreed that SASE was owned by networking teams, with only 18% deeming it to be the responsibility of security and 31% saying it was shared
  • Given this lack of market consistency, it is unsurprising that 28% of CIOs and CISOs expect network and security teams to continue to compete for ownership of projects.

Team and skills: 

  • With network and security converging, 67% of European IT teams will be reporting to both the CIO and CISO, either directly or through dotted line hierarchies. 
  • 28% are growing or expect to grow their security team to service an expanded remit due to the organisation’s use of cloud. 
  • 28% of organisations that have moved at least some of their security to the cloud reported having already made changes to the structure or staffing of the networking team, and 26% reported changes to their security team.
  • 46% of survey participants stated either that they are already struggling to find suitable candidates for their security roles or that they anticipate difficulty in future. 
  • 38% plan to look for candidates outside of the cyber skills or IT markets and reskill, while 30% intend to move staff from networking, helpdesk and other internal teams

Neil Thacker, CISO EMEA at Netskope commented; “Two items really stood out for me from our research findings. The first is the universal intention among European organisations to transform network and security architectures. The second was that despite this goal being shared by 99.5% of CIOs and CISOs, there is no general consensus around how best to do this. A lot of resource and budget will be invested in the coming 24 months in the name of transformation, and there are huge cost savings and business improvements to be found. This is a once-in-a-career architectural transformation opportunity and it’s imperative that outcomes are not jeopardised by internal land-grabs, unnecessary bureaucracy and politics, or a simple lack of collaboration between professionals in network and security roles.” 

Thacker continues; “Leaders seem to be saying they understand that their teams need to unite behind shared goals, but they need to ensure they eradicate the political divide that many organisations see across their IT and security teams today. SASE can be successfully implemented by separate network and security teams as long as they collaborate, but there remains a real risk that teams will be frustrated by disparate network and security systems that don’t provide a future-proof architecture that supports the overall company vision.”

Get the full report here.

About the research

Research undertaken in October 2021 by Censuswide on behalf of Netskope, polling 700 IT professionals in Germany and the UK. Participants are all CIOs, CISOs or IT Directors for organisations with more than 5,000 IT users.  

ネットスコープについて

SASEのリーダーであるネットスコープは、ネットワークの内外を問わず、あらゆるデバイスからインターネット、アプリケーション、およびインフラストラクチャに、ユーザーを安全、迅速かつダイレクトに接続します。Netskope Security Cloudは、1つのプラットフォーム上にネイティブに構築されたCASB、SWG、およびZTNAを使用して、特許技術による最もきめ細かいコンテキストを提供し、すべてのデータ保護と脅威防御にゼロトラスト原則を適用しながら、条件付きアクセスとユーザー認証を可能にします。セキュリティとネットワーキングのトレードオフが回避できない他のクラウドとは異なり、ネットスコープのグローバルセキュリティプライベートクラウドは、エッジで完全なコンピューティング機能を提供します。