ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
4 min read

セキュリティポスチャ管理とは リンク リンク

セキュリティポスチャは、組織のサイバーセキュリティ強度のことで、セキュリティ脅威を検知し対応する能力の評価も含まれます。つまり、論理的には、セキュリティポスチャ管理は、セキュリティポスチャ管理ソフトウェアによって、組織の脅威の検知と対応を監視して制御することを意味します。

セキュリティポスチャには、ネットワーク、デバイス、ユーザー、データをあらゆる脅威から保護するための次のようなツールや戦略が含まれます。

  • クレデンシャルの漏洩/盗難
  • 違反
  • データ損失
  • ネットワークパフォーマンスでの攻撃
  • 設定ミス/設定ドリフト
  • マルウェア
  • スパイウェア
  • ランサムウェア
  • その他多数

組織のリスクプロファイルを最小限に抑え、潜在的な脅威に対応し、セキュリティコンプライアンス標準を遵守することができれば、セキュリティポスチャはより強固なものになります。

 

Cloud Security Posture Management (CSPM) とは リンク リンク

セキュリティポスチャは前述の通りですが、Cloud Security Posture Management (CSPM) は、組織とクラウド間の設定ミスを特定し修正することを目的とした一連のセキュリティツールとプラクティスを意味しています。具体的には、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、などのクラウドサービスプロバイダー (CSP) のInfrastructure-as-a-Service (IaaS) クラウド環境などのサービスを対象とします。

これは、SaaS アプリケーションの構成を扱う SaaS Security Posture Management (SSPM) とは違います。CSPMとSSPMはカバーするインフラストラクチャやプラットフォームサービスが異なるのです。

CSPMの定義


CSPMが必要な理由とは?

多くの企業がオンプレミスのデータストレージやウェブホスティングからクラウドベースのインフラストラクチャに移行する中、クラウドサービスの利用は増加傾向にあります。設定ミスに伴うセキュリティリスクは数多くあります。実際、クラウド設定ミスの48%が機密データの漏洩に繋がっています。データ、ユーザー、デバイス、システムのすべてが、意図的または意図しない侵害のリスクにさらされているのです。

クラウドインフラストラクチャを正しく設定したとしても、時間の経過とともに(意図的または意図せずに)元の設定から外れていく可能性があります。これは「設定ミスドリフト」と呼ばれるもので、データをある場所から別の場所に移動させるなど、特定の業務上の必要性から、ユーザーが例外的に権限などの設定をし直すことで発生します。問題は、このような変更によって、意図せずとも他の資産が露出してしまうことです。最終的に、これらの変更が積み重なって、クラウドの安全性が損なわれ、本来ならアクセスできないはずの人たちが資産やシステムにアクセスできるようになってしまいます。


ブログ: CSPMとSSPMによる設定エラーへの対応


 

Cloud Security Posture Managementの機能方法 リンク リンク

Cloud Security Posture Managementでは、セキュリティポリシー、監視機能、および自動化されたガイド付き修復ツールを使用して、確立された設定を適用し、その設定に関する問題をログに記録します。これには、ユーザーアクセス、データ保存ルール、アプリケーションの使用、設定の変更などが含まれます。

Cloud Security Posture Management - Inline CASB

上の図にあるように、ユーザーはIaaSプラットフォームにアクセスし、CSPMによって適用される設定やルールで管理されます。IaaSとSaaSアプリケーションの間で移動するデータは、データの取り扱い基準を準拠するために、Cloud Access Security Broker (CASB) を介して実行されます。データがSaaSアプリケーションに到達すると、SaaS Security Posture Management (SSPM) によって設定されたルールと標準が引き継がれます。

 

CSPMの主な機能

1. 継続的な評価
Cloud Security Posture Managementは、一度だけ行えばよいというものではありません。CSPMの重要なコンポーネントは、インフラストラクチャ内の設定ミスを排除するために、クラウドの状態を継続的に検出して評価することです。

2. 自動修復
CSPMは、軽微な問題や一般的な設定ミスを自動化されたガイド付き修復を行うことで、時間、コスト、リソースを節約します。これにより、アナリストは複雑なセキュリティ問題の処理により多くの時間を費やすことができます。

3. 資産分類
CSPM は、クラウドインフラストラクチャ内に存在する資産を特定し、それらが現在どのように構成されているかを分類します。これにより、セキュリティチームは、業務上のニーズ、資産、データ、ユーザー、デバイスに応じた納得のいく構成を設定することができます。

4. コンプライアンス基準の維持
HIPAA、PCI DSS、GDPRなど、企業が守らなければならないコンプライアンス基準は数多くあります。CSPMは、セキュリティ管理者がクラウド運用時にユーザーデータを取り扱う際のコンプライアンスを維持するために、主要な規制を容易に遵守するための事前定義されたコンプライアンステンプレートを提供します。

 

CSPMとSSPMの違い リンク リンク

SaaS Security Posture Management (SSPM) は、クラウドセキュリティポスチャの評価も扱っています。CSPMとSSPMの違いは、評価の対象範囲だけです。CSPMは、Infrastructure-as-a-Service (IaaS) プラットフォームのセキュリティ体制を評価しますが、SSPMは小規模のSoftware-as-a-Service (SaaS) アプリケーションレベルとしてポスチャを評価します。

評価範囲を除けば、プラットフォームの機能とメリットはほぼ同じです。

 

CSPMとCASBの違い リンク リンク

この2つは比較対象としては正しくないかもしれません。クラウドセキュリティインフラストラクチャの中で、CASBとCSPMは互換性がありません。代わりに、Cloud Access Security Broker (CASB) がCSPMと連携して、クラウド内でセキュリティポリシーを適用します。具体的には、CASBは異なるクラウドサービスとそれにアクセスするユーザー間のポリシー適用ポイントとして機能します。

CSPMは、ユーザーとIaaSプラットフォーム間の設定問題を継続的に監視、評価、修正することで、CASBのこれらの実施機能を補完します。両方のサービスを使用することで、管理者はクラウドインフラストラクチャの全レベルでセキュリティポリシーを維持し、設定の流出を防止することができます。


ブログ: クラウドを正しく設定: 設定だけではありません
ウェビナー: マルチクラウドIaaS環境向けに最適化されたセキュリティ


 

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する