Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ ニュースとお知らせ Cloud App Growth…or Marketers Gone Wild
Jul 31 2014

Cloud App Growth…or Marketers Gone Wild

We are thrilled to announce this quarter’s Netskope Cloud Report. Since the Netskope Active Platform looks across all enterprise cloud apps and normalizes activities and content, it’s a great way to find out how cloud apps are being used, what people are actually doing in them, what activities are constituting policy violations, and in what categories, and which apps are experiencing violations of data loss prevention policies.

A few key themes I want to bring your attention to. First off, cloud app growth continues its upward march, with now 508 apps per enterprise, on average. What’s different is that this is rapidly becoming not that big of a surprise. IT organizations are becoming more aware of the issue of shadow IT. They are now beginning to turn their attention to what people are doing in apps.

That brings me to my next theme, which is sharing. One of the key attributes of cloud apps is that they enable data sharing like nobody’s business. You can share anything in the cloud. A file, a link, a video. Build a report? Share it. Look up a customer record? Share it. Data is flying around like never before. It’s very cool, but also a little risky. What if it flies outside of the company? Someone wants to share a report with a contractor or a partner. Or even with their manager, but fat-fingers the name and shares it with someone they didn’t intend. Some interesting stats from the report around sharing: First, for every 1 upload in cloud storage, there are 3 shares. Kinda shocking! Second, 20 percent of the apps we track enable sharing. And that’s not just cloud storage. Third, 49 of the 55 categories we track have apps that enable sharing. These categories range from business intelligence to CRM to finance/accounting. Check out the report for the top 10 non-storage apps in which sharing occurs in the Netskope Active Platform.

But what really hits close to home for me is the marketing angle. The number of apps overall rose, as did the number of apps for our top five categories, marketing (61), HR (39), collaboration (38), storage (34), and finance/accounting (32). The biggie was marketing. Which got me thinking. And counting. Guess how many apps my small but mighty team of marketers uses here at Netskope? A whopping 50! We use Hootsuite for social campaign management, Adroll for ads, Wistia for videos, Dynamic Signal for social curation, Marketo for campaign management, and a host of data & analysis, productivity and project management apps ranging from Evernote to Trello, and more, of course.

Now, the reason the marketing category is so big is because it’s broad and kind of fragmented. It surely brought to light how many disparate activities we do on a daily basis. It also made me realize how CMOs are constantly under the gun to reach the right audiences with increasingly targeted and personalized messages and get those audiences to engage with them. They are doing a ton of measuring too, from page views to clicks to video views to surveys. They are garnering increasing budgets because these investments usually pay off. Digital tools that help people target audiences, get data, get prospects into the sales funnel, and measure campaign efficacy will help them beat the competition.

But as good as they are for business, marketing apps are also among the worst for enterprise-readiness. Granted, some apps (maybe like an ad or video-hosting platform) don’t need to be the poster child for security, but a shocking 98.3% of apps in use in the Netskope Active Platform were rated “medium” or below in our Cloud Confidence Index. Why is this? Well, some of the key reasons for this is they don’t let IT audit usage like admin, user or data access. So if an admin goes into an app and escalates privileges, who would know? Many lack data protection features like encryption of data-at-rest and separation of tenant data in the cloud. This means that if you have a breach, your customers’ data may be exposed. And if an adjacent tenant experiences data corruption or downtime, you may too. And finally, many lack important policy control features like support for complex passwords and multi-factor authentication.

Get the report here.