ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

サイバーにおけるニューロダイバージェンス
司会者のエミリー・ウェアマウスが、サイバーセキュリティ業界における神経多様性コンサルタントであり神経多様性研究の専門家である特別ゲストのホリー・フォックスクロフトと、サイバーにおける神経多様性について対談します。

ポッドキャストを再生する
サイバーにおけるニューロダイバージェンス
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Hive Ransomware: Actively Targeting Hospitals

Sep 10 2021

Summary

Most ransomware groups operating in the RaaS (Ransomware-as-a-Service) model have an internal code of ethics that includes avoiding breaching some specific sectors, such as hospitals or critical infrastructure, thus avoiding great harm to society and consequently drawing less attention from law enforcement. For example, the BlackMatter ransomware states they are not willing to attack hospitals, critical infrastructure, defense industry, non-profit companies, and oil and gas industry targets, having learned from the mistakes of other groups, such as DarkSide, who shut down its operations after the Colonial Pipeline attack.

However, this code of ethics is not always adopted by attackers, as is the case with Hive, a new family of ransomware discovered in June 2021. On August 15, 2021, Hive ransomware was responsible for an attack against the Memorial Health System, a non-profit integrated health system with three hospitals in Ohio and West Virginia (Marietta Memorial Hospital, Selby General Hospital, and Sistersville General Hospital), causing radiology exams and surgical cases to be canceled. According to the FBI, the group uses phishing emails with malicious attachments to gain access into networks, allowing the attackers to move laterally over the network to steal data and infect more machines.

HiveLeaks

In addition to encrypting files, Hive also steals sensitive data from networks, threatening to publish everything in their HiveLeak website, hosted on the deep web, which is a common practice among ransomware working in this double extortion scheme.

There are two websites maintained by the group, the first one is protected by username and password, accessible only by the victims who obtain the credentials in the ransom note.

Figure 01. Hive ransomware private website

Once authenticated, the victim can see:

  1. The name of the infected organization;
  2. A live chat, where the victim can interact with the attackers;
  3. A file upload system, where the victim can send files to the attackers;
  4. A link to Hive’s decryption software, if the ransom is paid by the victims.
Figure 02. Victim’s private website by Hive ransomware

The second website, “HiveLeaks,” is where the attackers publish data about their targets and is publicly accessible.

Figure 03. “HiveLeaks” logo.

For each target, you can see the name, a small description, the website, the revenue, and the number of employees at the company. Also, you can see two dates, when the files were encrypted and when the attack was made public. Curiously enough, there are also two social media buttons where you can share this information.

Figure 04. Information about the infected company on the “HiveLeaks” website.

If any data is published by the attackers, you will also find a link where the files can be downloaded. Hive uses common file-sharing services for this purpose, such as PrivatLab, AnonFiles, MEGA, UFile, SendSpace, and Exploit.in, as shown in Figure 05.

Figure 05. Links to download stolen data by Hive.

Memorial Health System Attack

The Hive ransomware infected the Memorial Health System (MHS) on August 15, 2021. The attackers claim to have stolen patient data including names, social security numbers, dates of birth, addresses and phone numbers, and medical histories for 200,000 patients, and an additional 1.2 TB of other data.

MHS tried to appeal to the attackers to provide the decrypter for free but ultimately ended up paying 1.8M, divided equally into two Bitcoin wallets. The attackers moved the Bitcoins to another wallet just a few minutes after the transaction was made by MHS.

Aside from the decryptor, the attackers also promise a security report, a file tree describing all stolen data, and the logs proving that they had erased everything from their servers.

Analysis

The ransomware was written in Go, an open-source programming language that allows cross-compilation, meaning that the same source code can be compiled to different OS, such as Linux, Windows, and macOS.

Although we have only seen Windows versions in the wild at this point, we have strong indications that the group is able to infect other systems such as Linux, as well as the Hypervisor ESXi, as we will demonstrate later in the analysis.

We have analyzed two different samples, being 32 and 64-bit Windows versions of the malware. Both of them are packed with UPX, which is an open-source executable packer.

Figure 06. Main Hive ransomware payload, packed with UPX.

The first thing we noticed is that both samples we analyzed had a command line interface (CLI), accepting parameters and also showing log messages throughout the malware execution.

The 64-bit sample accepts two parameters:

  • kill: Kill processes specified as value (case insensitive regex)
  • stop: Stop services specified as value (case insensitive regex)