SASE Week 2023 オンデマンド! セッションを探索します

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドであり、接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に近代化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
People at the open space office
  • NewEdge

    NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスを誇るセキュリティプライベートクラウドです。

  • クラウドセキュリティプラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドにおける可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護

  • 技術パートナーと統合

    Netskopeは、エンタープライズテクノロジーの最強の企業と提携しています。

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

業界別ソリューションについて学ぶ
崖沿いの風力タービン
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

2024年の予測
ホストのEmily Wearmouthが、BCD Travelのシニアバイスプレジデント兼CISOであるSherron Burgess氏と、Netskopeのクラウド戦略およびイノベーション責任者であるShamla Naidoo氏と対談し、来年のホットなトピックについて語ります。

ポッドキャストを再生する
2024年の予測
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

Breaking Down the 2022 Verizon Data Breach Investigations Report (DBIR)

Jun 28 2022

Every year Verizon releases the Data Breach Investigations Report (DBIR), covering some of the biggest trends in data breaches across industries, highlighting the common causes for breaches as well as trendy attack vectors.

And every year, when it is released, my inbox is immediately hit with questions from colleagues and customers asking how Netskope can mitigate each of the issues raised. So this year I thought I would share my analysis more widely.  

Human error

A major finding in this year’s DBIR report was the scale of issues caused by error; “error continues to be a dominant trend and is responsible for 13% of breaches” (in general, according to the report, 82% of breaches involved the human element).” In the case of errors, the report specifically cites cloud storage misconfigurations as the primary culprit (“This finding is heavily influenced by misconfigured cloud storage”).

One easy way to help keep human error in check, while keeping your sensitive data safe, is through Netskope Public Cloud Security, the Netskope solution for cloud security posture management (CSPM). CSPM uses security policies, monitoring capabilities, and automated and guided remediation tools in order to enforce established configurations and log any issues with those configurations. Continuous assessment helps to constantly keep an eye out for misconfigurations in your infrastructure, while automated remediation can help guide users to fix small misconfigurations before they become a bigger issue This way, you have a security function watching your back in case someone accidentally leaves a share setting a little bit too open.

Remote access

Another finding from the DBIR underscored the growing role that remote access is playing for attackers exploiting exposures. Desktop sharing software ranked among the top threat vectors highlighted in the report, including remote desktop protocol (RDP) and other third-party software that allows users to remotely access another computer over the internet. Unfortunately, if you can access the asset directly over the internet just using credentials, so can the attackers. The report even cites that desktop sharing software accounted for 40% of ransomware incidents that were analysed.

Netskope Private Access (NPA), the zero trust network access (ZTNA) solution in the Netskope Security Cloud, can help mitigate these remote access threats. NPA provides contextual, risk-based access to applications with the ability to monitor and protect data in third-party access situations. This is done by leveraging Netskope unified DLP controls and user entity behavior and anomaly (UEBA) detection to create contextual, adaptive access policies. It’s also worth noting that UEBA can be a helpful tool for recognising and mitigating the risk of internal incidents, which the DBIR noted was the cause of 20% of breaches. While the report notes that breaches caused by internal incidents are decreasing, that doesn’t take away the potency of their impact.

Vulnerability exploitation

The DBIR also outlines an opportunistic model for vulnerability exploitation that attackers are using, where they start their process by scanning for IPs and open ports as a way in. And while more security conscious companies attempt to  keep these locked down, attackers often follow trails out to third-parties. While the report notes that this numbers game is often a fruitless effort for the malicious actors, just one success is enough to incentivise them to keep trying.

To keep these vulnerabilities locked down, a combination of Netskope Public Cloud Security (CSPM) and Netskope Private Access (NPA) will do the trick. CSPM to continuously monitor for and remediate any potential misconfigurations that attackers could exploit, and NPA to keep tabs on third-party users and make sure that no  sensitive data is exfiltrated to suspicious sources.

Parallel thinking

There are also some findings in the DBIR that line up with some other topics and discoveries we have identified ourselves in the Netskope Threat Labs.

For example, the use of stolen credentials and phishing attacks plays an important role for system intrusions. The most common methods to steal credentials are phishing attacks or the exploitation of vulnerabilities on VPN concentrators or publicly-facing servers. This trend has become so common that you may have already heard about Initial Access Brokers. These are specific criminal groups who steal credentials and sell or outsource them to other criminal gangs. Netskope NG SWG can mitigate the risk of phishing attacks via threat intelligence (and integrations made possible by Cloud Exchange), and our DLP best practices. Additionally, switching to a zero trust paradigm can mitigate the risk of exploitation of vulnerabilities on VPN concentrators or publicly-facing servers or a compromised endpoint, for example by means of a phishing attack, accessing internal resources.

Finally, the DBIR observed a surge of malware delivered via Office docs, which is something we’ve noted before, but the timeframe of the DBIR analysis only ranges from November 1, 2020 to October 31, 2021, and since the beginning of 2022 the percentage of malicious Office docs has been decreasing. This is both because of the takedown of Emotet (which is now testing other distribution mechanisms) and because of additional protection measures applied by both Microsoft and Google for Office Docs. In any case, Netskope Threat Protection, a key component of the Next Gen Secure Web Gateway, has specific ML detectors for Office Docs which are a characteristic of our advanced threat protection engine that also include advanced heuristics, and a sandbox that is now able to map the tactics and techniques used by the attackers in the MITRE ATT&CK model.

The DBIR is always a hugely interesting and useful resource to security professionals looking to stay ahead of the attackers. My analysis here is just the tip of the iceberg, but hopefully it provides an idea of how the many capabilities in the Netskope Security Cloud can help mitigate these threats and keep your data and users safe.

author image
Paolo Passeri
Paolo supports Netskope’s customers in protecting their journey to the cloud and is a security professional, with 20+ years experience in the infosec industry. He is the mastermind behind hackmageddon.com, a blog detailing timelines and statistics of all the main cyber-attacks occurred since 2011. It is the primary source of data and trends of the threat landscape for the Infosec community.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog