ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
Birds eye view metropolitan city

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope gartner mq 2022 sse leader
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

NetskopeCSOスピーキングイベント

今後のイベントの1つでNetskopeCSOチームに会いましょう。

イベントを探す
Netskope CSO Team

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プライベートアクセス Preventing Recent Microsoft Exchange Vulnerabilities and Similar Attacks Using Netskope Private Access
Mar 30 2021

Preventing Recent Microsoft Exchange Vulnerabilities and Similar Attacks Using Netskope Private Access

On March 2, Microsoft released patches to address four zero-day vulnerabilities in Microsoft Exchange Server software. Those vulnerabilities, known collectively as ProxyLogon, affect on-premises Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, and Exchange Server 2019. (Exchange Online, which is part of Microsoft 365, has not been affected.) 

This Exchange Server attack is the kind of industry-wide security event that may have even broader implications than the SolarWinds attack. Reports indicated that cybercriminals were already able to breach more than 30,000 organizations due to this active exploitation, and the number of attempted attacks observed against vulnerable Exchange Servers increased by orders of magnitude. Roughly 125,000 Exchange servers might still be vulnerable.

If you read into the technical details published about the attacks, you observe that essentially an entire kill chain occurred, meaning there were multiple vulnerabilities in Exchange Servers and an attacker would need to exploit several, or all of them, to achieve a successful attack. The first of the vulnerabilities, a remote code execution exploit, is a network-based vulnerability,  specifically referencing how attackers could connect to internet-facing Exchange Servers and escalate their level of access, without needing to steal a password or find another means of compromise. 

As the CVE notification explains, “The initial attack requires the ability to make an untrusted connection to the Exchange Server on Port 443. … This can be protected against by restricting untrusted connections, or by setting a VPN to separate the Exchange Server from external access.”

It’s important here to note that firewalls wouldn’t have prevented this attack in most cases, as it was a zero-day attack. Web application firewall (WAF) vendors are only now reactively rolling out updated rulesets to detect this attack, and those protections apply if the WAF is performing SSL decryption. It’s better to prevent attacks in the first place rather than catch them after the fact. 

Taking a Zero Trust approach to security prevents exposure to these types of attacks, because it stops unauthenticated access to sensitive resources, and it serves to provide protection against emergent threats such as what we have seen now that the exploit is in the wild. If you’re using Netskope, the Microsoft Exchange attack doesn’t happen, because the first vulnerability is completely mitigated. Applications that are not public-facing should not be on the internet. By putting corporate applications behind Netskope Private Access (NPA), vulnerable applications aren’t reachable by attackers.

With NPA, there are no untrusted connections, and zero trust principles are judiciously applied to every point of network access. If an Exchange Server sits behind NPA, it has no direct exposure to the public internet, and users would connect to it using a Netskope client. Once Netskope has authenticated that user—that is, Netskope has done a posture check, determined who the user is, and what the user’s characteristics are—the user can connect only to Exchange or to other services authorized by the user.

The advantages of NPA over a VPN

NPA provides Zero Trust Network Access (ZTNA) to private applications and data in hybrid IT (public cloud and data center) environments. It offers seamless connectivity for authenticated users, supports any application and protocol, reduces business risk, and simplifies IT infrastructure. 

NPA also goes well beyond the capabilities of a remote access VPN to deliver an exceptional user experience—something often lacking in standard VPN configurations trying to access key resources like Exchange. The chart below highlights some of the key advantages of NPA over typical remote access VPNs. 

If you’d like to get started with NPA, contact us today to schedule a demo.

CapabilityRemote Access VPNNetskope
Private Access
Access to behind-the-firewall resources in the datacenter
Strong user authentication
Device posture checking
Application access, not network access
Fan-out for cloud and data center environments
Transparent end user experience
Delivered as service from the cloud
author image
About the author
Kevin Sapp is a senior director of product management at Netskope. He is responsible for managing our Zero Trust Network Access product portfolio.
Kevin Sapp is a senior director of product management at Netskope. He is responsible for managing our Zero Trust Network Access product portfolio.