ソリューションVirtual Private Networks (VPNs)

VPNの
さらに先へ

レガシーVPNから最新のクラウドネイティブのゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)ソリューションにアップグレードします。Netskope Private Accessを使用して、承認されたユーザーとデバイスのみがパブリッククラウドまたはプライベートデータセンターの必要なアプリケーションにのみアクセスできるようにします。

最新のリモートアクセスソリューション

Netskopeは、レガシーVPNに取って代わり、ハイブリッドIT環境における安全なアプリケーションアクセスの課題に対処する、ゼロトラストの安全なアクセスソリューションを提供します。Netskope Private Accessは、組織の攻撃面を減らし、リスクを軽減し、従業員がどこにいたとしても、アプリケーション、サービス、データをリアルタイムで一貫して保護します。

Virtual Private Network (VPN)

VPNを、進化したリモートアクセスへアップグレードする

01

プライベートアプリケーション用のゼロトラストネットワークアクセス

承認されたユーザーに、ネットワーク全体ではなくアプリケーションのみへのアクセスを提供し、悪意のある内部関係者や侵害されたアカウントからプライベートアプリケーションやその他のネットワーク資産を保護します。

02

パブリッククラウドアプリケーションに直接接続します。

NetskopeのグローバルにホストされているPoP(Point of Presence )ネットワークを使用して、リモートワーカーをパブリッククラウドおよびプライベートデータセンターでホストされているアプリケーションに直接接続します。これにより、プライベートアプリケーションにアクセスするためのアーキテクチャ上から、待ち時間の少ないエンドユーザーエクスペリエンスが提供されます。

03

レガシーVPNリモートアクセスを段階的に廃止

レガシーVPNハードウェアを廃止し、クラウドファーストのセキュリティアーキテクチャへの移行を可能にします。VPNアプライアンスの設備投資、更新サイクル、継続的な管理コストを段階的に廃止します。

04

プライベートアプリケーションとリソースを保護する

パブリッククラウドとプライベートクラウドでホストされているプライベートアプリケーションがインターネットに公開されないようにします。クラウドでホストされているプライベートアプリケーションの違反に関連するブランドの損害、罰金、および修復コストを回避します。

05

シームレスで透過的なユーザーエクスペリエンス

統一化された軽量のクライアントを使用して、さまざまなVPNゲートウェイに接続したり再接続したりする手間をかけずに、パブリッククラウドおよびデータセンターに展開されたすべてのアプリケーションに同時にアクセスできるようにします。

06

SASEへの変革を開始

単一の管理コンソールを使用して、従業員がWeb、クラウド、プライベートアプリケーションを使用する際のポリシー管理、分析、インシデント調査を簡素化します。クラウドベースのネットワークセキュリティの未来に向けて– Secure Access Service Edge(SASE)。

リソース

境界線を再構築しましょう